3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

しっぽが見えない

ケヅメはなりやすい・・・そうは聞いていたけれど
これほどとまでは、正直思わなかった。

むんばの臀甲板がしっぽが見えなくなるほど伸びてしまった。
これでは排泄も思うようにできない。

ほとんど室内での生活だから、甲羅の先端を削ってくれるものなど何もない。
ヒマを見ては、ニンゲンの爪やすり(女性用・仕上げ用爪やすり)で削ってみたけれど
甲長30センチオーバーのむんばの甲羅は、当然ながら固いので
鋭角になった先端を丸くすることもしにくくなっていた。

意を決してホームセンターへ行き、
高速回転のミニルーターを購入した。

これは、ガラスや陶磁器の模様彫りや
金属のさび落としに使うやつだ。

ビット(先端の回転するパーツ)が砥石になっているタイプのものにして
臀甲板を削るのだ。

↓が伸びた状態のむんばの臀甲板。黄色の矢印のあたりまで削ることにした。
b0055276_0615.jpg

むんばを膝の上に横向きに抱えて、2~3秒ずつくらいビットの砥石を当てていった。
そして、削ったあと。
b0055276_061383.jpg

黄色の矢印の手前までしか削れなかったけれど、これでも3ミリ程度は削ったと思う。
臀甲板の厚さは、4~5ミリあるようでなかなか削れず、とうとう砥石のほうが
参ってしまったらしく、摩擦で焦げくさい臭いが出たのでやめにした。

横から見るとこんな感じ。
b0055276_062244.jpg

丁度、肛甲板と同じ位置くらいだろうか。
これよりも、あと5ミリは臀甲板が上がらないと、まだ排泄しにくいかもしれない。

さすがに毎日やると、ストレスになると思うので
1週間くらいは間を開けようと思う。
b0055276_063682.jpg

削った直後のむんば。

怖いというよりは、先端を削られて、その振動が全身に伝わってきもちわるいという様子だった。
でも、普段されないことをされて疲れたみたいで、しばらくこうして、引っ込み気味になっていた。

(その後は、やっぱり嫌な事されたんだ!という様子で、怒ってブシュブシュ言いながら
すりおろしニンジンをやけ食いして、シェルターに戻っていった^^;)

とりあえず、あと5ミリ。
せめてしっぽの先端が見えるまで、削ってやろうと思う。

ちなみにこの「高速回転ミニルーター」
ものすごく回転振動音がでるから、小さいモグは削れないかも。

そんな怖いことしたら、一生甲羅から出て来てくれなくなりそうだ^^;
モグはまだニンゲン用のやすりで、鋭角になった先端を1ミリ程度削るので精一杯かも。

なので、この削り方は、大きくなったむんば専用;;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-03 23:54 | カメさんの健康