3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検証:脱走はいかにして起きたか

先週の木曜日、昼頃にぱぱむんばからメールが入った。

「Webカメラが倒されて横を向いている」

私のケータイからはカメラの画像を見ることは出来ないので
ぱぱむんばの続報を待ちながら、定時で会社を出て帰路を急いだ。

この時点で分っていた事は、
 ・むんばの姿が見えないから、おそらく脱走している
 ・モグはサークルの中にいるのが確認できた
 ・カメラが倒れて横倒し状態の映像配信は、昼以降は2回しかなくそれからは真っ黒
  (電源が落ちたかも)

むんばの脱走は3回目。
1・2回目は、サークルのつなぎ目のカラビナ金具の止め位置が悪くて
そこをこじ開けて脱走。

今回もそうなのだろうか。

でも、部屋のサークルはたまに洗わなきゃいけないので、完全固定には出来ない。
ねじ止めをつけて外してを繰り返していたら、ケージに固定している部分がだめになってしまう。
こういうとき、賃貸住宅の悲しさを感じるな。
持ち家だったら、柱にガッチリ止められる金具をずらっとつけて
サークルをつなげる金具を増やせるのに。
いや、持ち家なら、サークルなんてつけないで、壁の床上50cmまで
4面全部ステンレス板でも打ち込んで貼ってしまうだろうな。
ドアにも貼っちゃうから、出入り口はそこだけ、もうサークルなんてものはいらない・・・

なんてことを考えつつ、恐る恐る玄関を開けた。


やっぱり30cmを超えたケヅメさんは侮ってはいけない(笑)

玄関は傘立てが倒され、靴が散乱。
なぜか、私のバックバンドのサンダルは冷蔵庫の前へ・・・
b0055276_1184156.jpg

ごみ分別ワゴンはあらぬ場所へ動かされ、とにかく比較的軽いものは
すべて動かされていた。
ぱっと見たところ、むんばの姿はなかった。
でも、サークルを広げて脱出したのなら戻ることは出来ない。
そしてカメ部屋は・・・・・
b0055276_1184947.jpg

とりあえず、うんぴをコネコネフミフミして、暴れたらしい。
むんばを探しながら、脱出口を探す。
一番怪しいのは↓(この写真とひとつ空いてその下のカメラ本体写真は以前に撮ってあったもの)
b0055276_1185785.jpg

このサークルのつなぎ目をぐっと持ち上げて抜けたのか?
b0055276_119475.jpg

でもおかしい。ここから抜けたのなら、むんばは一度窓(カメラ本体写真の奥)のほうへ行っている。
ドアは開いた状態だったから窓に寄り道せず、外へ出てしまうのじゃないだろうか。
b0055276_119217.jpg

暴れてめちゃめちゃにした所を、順番に探して、やっとむんばを発見。
となりの部屋の私のデスクの下で眠っていた。
むんばをケージに戻し、とりあえず片付けを始める。
よくよく見れば、カメ部屋を出てダイニング・居間、寝室すべてに行ったらしく
畳の上にうんぴの足跡がぽつぽつ・・・・・
あぁぁ、畳もかよ;;年末の大掃除なみだよ・・・
(ちなみに掃除は3時間かかった;;終わったの、23:00だよ;;)

そして、ボロボロのペットシーツを発見する。
b0055276_1192824.jpg

うちは、6畳の洋室をカメ部屋にしているのだけど、ここは木材のフローリングではなくて
クッションフロアマット(柔らかい防水マット。最近のアパートはこれが多いね;;)。
うんぴをオシメが外れてしまえば、床にダイレクトにされてしまい、いくらエタノールで拭いた所で
色素が染み込む(1ヶ月くらい拭き続ければ取れるけど)。
最近はそれに輪をかけて、むんばたちの爪がめり込むので、
クッションフロアマットの上に、3畳のビニールラグを2枚敷いていた。
で、その2枚の境目はどうしてもカメ部屋の真中付近になるので
そこに大量のしっこをされると、結局その下に染み込んでいく。
なので、2枚の重なり部分にだけ、ペットシーツを隠して敷いてあった。
(ちなみに端っこを捲られないように、サークルについてる木の柵を乗せている)

が、むんばが脱走してサークルの外側を通ったから、柵がずれてマットが捲れてしまった。

むんば、ペットシーツ食ってないだろうな、と思いながら振り返ったら
モグの口からでろ~んと細いヒモが・・・・!

やばいと思いつつ、ゆっくりと引っ張ると幅4ミリ程度に裂かれたペットシーツの切れ端が
長さ30センチほど、するすると出てきた;;
b0055276_1193677.jpg

このうち10センチくらいは食道に到達していたのだけど
長すぎてのみ込めなったらしく、口から切れ端をぶら下げた状態だった。
飲み込まなくてよかった;;;

そして床をせっせとこするままむんばを頭だけこっそりだして観察するむんば。
b0055276_1194469.jpg

いろんな物をなぎ倒して行ったけれど、怪我ひとつなかったので良しとしよう(笑)
部屋のあちこちを歩き回っているむんばを想像すると
きっと楽しくて仕方なかっただろうなとしか思えない。

普段、飼主♂♀が会社に行ってる間、
サークルの中から窓ごしの空を眺めてるむんばとモグが
ちょっとだけ、不憫になった。

やっとケージの中から出てきたむんば。やっぱり食糞つきですな。この後お風呂直行!
b0055276_1195637.jpg



さて。
いつもなら、ココで室内ぐちゃぐちゃレポートは終わるはずなのだが
今回は、「どこから脱出したか」が完全に解明されていない。

サークルの入り口を持ち上げて出たのならば、カメラという障害物があり
かつ、細い通路を通って窓へ行った理由がわからない。
でも窓の脇は絶対に通った。
それは上の室内全景ぐちゃぐちゃ写真の左端に映っている
黄色っぽい板状のものが動かされてることから明らかだ。

これは何なのかというと、「すきま風止めパネル」(ポリウレタン製)
冬にこれを窓のところに置いておくと、床面へ流れる冷たい空気がシャットダウンされる。

いくら、エアコンで暖めつづけても、サッシの窓のすきまから
どうしてもひんやりした空気は流れてくる。
(だから、部屋の上部と下部の温度差が激しくなってしまう)
ホームセンターで見つけて(980円)置いてみた所、効果抜群。
L字型に折り曲げて置いておくだけで、とっても便利!

・・・と、話がそれすぎたけど、これを持ち上げて通っている。
でも部屋を眺めても、それらしきところが見つからない・・・・





カメさんは学習能力がある。
それを忘れていた。

むんばが必死で抜け出すのを、モグはじーっと見ていたのだろう。
b0055276_11101231.jpg

疑問はあっさり解決した(笑)こうやってケージとサークルを止めていた
結束バンドを外し、窓の脇を通って出て行ったのだ^^;
b0055276_11102492.jpg

まだ2kgの小さい体ゆえ、これ以上木の柵を持ち上げることが出来ずはまっていた。
b0055276_11103029.jpg
b0055276_11103852.jpg

はまってどうしようもなくなって、とりあえず休憩してるらしいモグ。

やっぱ、たくさんお散歩しないとつまんないよな;;

というわけで、これからお散歩に行って参ります(笑)
もちろん、帰ってきたら、サークル止め強化も。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-30 13:37 | Kame-log