3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

動物愛護法の弱さ

「虐待」注意され警官にケガ、男を逮捕-社会ニュース(JNN) : カメさんの画像あり。

 自分が飼っていた亀を犬につないで引きずらせていた男が、これを注意した警察官にケガをさせ、逮捕されました。

 20日午後6時前、川崎区日進町の歩道で、体長20センチほどの亀が甲羅に穴をあけられて鎖で犬に引きずられているのを通行人が見つけ、「虐待ではないか」と交番に届け出ました。

 警察官が駆けつけると、男は亀をけったり放り投げたりしていたため、警察官がやめるよう注意したところ、男はいきなりこの警察官の右手にかみつき、警察官は軽いケガをしました。

 男は自称、川崎市幸区の松橋富康容疑者(70)で、公務執行妨害の現行犯で逮捕されました。

 調べに対し、松橋容疑者は「警察官にかみついていない」と容疑を否認したうえで、「亀は強いので虐待ではない」と話しているということです。警察では動物愛護法違反の疑いもあるとみて調べています。(21日10:30)


<公務執行妨害>カメ虐待、駆けつけた巡査にかみつく 川崎 [ 10月21日 13時11分 ]

 20日午後5時50分ごろ、川崎市川崎区日進町の路上で、男が犬の首輪にひもをつけてカメをひきずらせて歩いているのを通行人の男性が目撃、「動物虐待では」と近くの交番に届け出た。男は駆けつけた神奈川県警川崎署の男性巡査(26)に「カメは1トンの車にひかれても大丈夫なんだ」と怒鳴ってカメをけりつけたうえ、任意同行を求めた巡査の右手首にかみつき、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。巡査は右手首に1週間のけが。

 調べでは、男は自称、川崎市幸区小向町、大工、松橋富康容疑者(70)。「かみついていない」と容疑を否認している。

 松橋容疑者は、カメの甲羅に穴を開けて、犬の首輪と長さ約1メートルのひもで結びつけていた。カメは全長約20センチでミドリガメとみられ、犬は白の中型の雑種犬だった。同署は動物愛護法違反(動物虐待)の疑いでも追及する。【伊藤直孝】



ありえん。
このじーさん、何がしたかったんだ?バカヤロー。


1トンの重さがかかったら死ぬに決まってんだろー。



・・・このじーさんもどうしようもないが、それよりもこのニュースを知って
ガックリきたのは、その時点での罪状は公務執行妨害だったこと。

カメの甲羅に穴を開けると言う事は、人間で言えば骨に穴を開けられるということ。
縁甲板だから、と、言われるかもしれないが
傷がついた場所が悪ければ、感染症を起こしていろんな病気を引き起こしたりする。

明らかに虐待であって、それ以外の何者でもない。

とりあえず、現状、公務執行妨害だけだが
たった、「アレだけの量」しかない動物愛護法を熟読していただき
虐待での再逮捕をおねがいします。


動物愛護法というものは、知れば知るほど
もどかしさを感じる法律だ。

罰則規定が弱い。

健康を害するイジメや、飼えなくなったから捨てるなどしたとしても
それが即罰則につながるものでもない。

最悪、死に至らしめても、加害者の刑期はあまりにも短い。
これがニンゲンだったら、無期懲役もありえるのに。


それでもないよりはマシだし、今年多少は改正されたから・・・なんて思っていたけど
このじーさんが、警官に噛み付かなかったら
注意してそのままだったんだろうな。


よくニンゲンの事件で、重大な容疑がかけられていても
証拠が固まってなかったら、軽犯罪でとりあえず逮捕して取調べに持っていく・・・っていうのを見るけれどさ、動物に関しては、虐待がメインなわけだから
外堀埋めてる間に、怪我の状態が悪化して死んでしまうこともあるから
迅速な対応が一番必要なのに。

動物虐待に対しては、いくつか署名を送ったことがあるけれど
その経過は決して芳しいものじゃない。

でも、こういった犯罪に対して
取り締まり執行が出来るのは警官だけであって
ここに頼るしかないのが現状。

だから、動物愛護法での現行犯逮捕というものが多くなれば
こんなじーさんのような虐待をするヤツにも、それこそ多少なりとも抑止力になるんじゃないかと思う。

動物とニンゲンとの共生と、飼主の適正飼育が行われるよう
基準を定めたものが、動物愛護管理法。

それは、「人間と動物が調和を取れた形で共生していくために、国民が容認できる範囲でニンゲンの生活規範となるものであること」が謳われている。

カメといえど、爬虫類もきちんとその中に含まれている。

虐待は容認の範囲外だ。



あ、「飼えなくなっちゃったから、あの川原にでも置いてこようか、自然公園でも良いかな、あそこだったら生きていけそうだし、(心の声:きっと動物もうちに戻ってこれないし)誰かが拾ってくれるかも」

そんな甘い考えも、容認の範囲外で犯罪って知ってました?
[PR]
by moonba-moogle | 2006-10-21 14:21 | News!