3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー

2006年 08月 18日 ( 2 )

ぷちっぷちっ

夏はモロヘイヤが安い。
2カメも葉野菜の中ではいちばん大好き。

ということで、よくモロヘイヤを買うことになる。

でも、これをカメごはんにするのが、正直めんどい;;

モロヘイヤ、1袋に何本の枝が入っているかは数えたことは無いけれど
その枝についてる葉を、私は親指の爪で一枚一枚ぶちっぶちっとちぎっていく。
b0055276_05429100.jpg

これで2袋分。
ぬるま湯で洗って、こうしてタッパに入れて冷蔵庫へ入れて、前日から用意しておく。

(翌朝はざっと湯沸しのぬるま湯に通して、常温に戻してからあげてます。でないとまた下痢するしね^^;)

最初にモロヘイヤを茎からちぎったとき、「なぜ、茎から葉を離してあげなければいけない」のか知らなかった。
いろいろ調べたら、モロヘイヤの種子と茎にはストロファンチジンやサポニンという有毒成分があるということがわかった。
この2つの有毒成分に共通するのは、赤血球もしくは血そのものに対して異常を起こすこと。


サポニンと聞いて、え?と思った人もいるかもしれない。
だって、サポニンってニンゲンにとっては、健康に良い成分だもんね。

サポニンにもいろいろあって、たとえば大豆サポニンは肝機能障害なんかの有効成分だし
ポピュラーなところでは、脂肪分解作用があることが知られてて、ダイエット食品に入ってたりする。
大豆サポニンには、毒性はないのだそうだ。

でも、それ以外植物のサポニンの毒性とされているアクのような成分は
溶血作用(赤血球が壊れてしまうこと)があって、最悪の場合は死に至ることも有るそうだ。

それから、ストロファンジン。
これも、血中濃度に変化を起こすので、不整脈に繋がることも有る。

(ちなみに、サポニン・ストロファンジン共に、ある一定量であれば人間に対しては内臓疾患の薬になる場合があります)

なので、どんなに面倒であろうとも
モロヘイヤをカメさんにあげるには、茎からぶちっぶちっと外してからあげなきゃいけない。
種子と茎さえなければ、カルシウムや繊維質の含有量もずば抜けて多い、カメさんにとっては最適の野菜。
やっぱり、楽して健康にしてやることは出来ないっていう証拠なのかも(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-18 01:41 | カメさんの健康

おやつはサニーレタス

夏真っ盛り。
今年は野菜が高いけど、それでも冬場に比べたら4分の1の値段。
大食漢の2カメにも、心置きなくごっそりおやつがあげられる^^

食わせすぎはいけないと分ってるけど
やっぱり、しっこの色が濃くなってるのを見ると、体調に対して
水分補給が間に合ってないんじゃないかと思う・・・・・

(ちなみに、ビタミン成分が尿に流出して、赤・もしくはピンク色になってるということではなく、単純に凝縮されて濃い黄色という意味です)




今日は用事で会社を早退したのだけど、その後、市場へ行くことができた。
明日から天気も悪くなるし、まとめ買いでもするか!と覗いてみると
ここ数日の猛暑のおかげで、葉野菜が激安に!

とくにサニーレタス。
そこそこの大きさはあるのだけど、市場でさえ一株350円という値段だったのが
特大サイズ3個で100円になっていた。
すでに、両手いっぱい数kgはあろうかという葉野菜を購入済みの状態だったけれど
これを買わずにいるのはもったいない。

ふつーの家なら、特大3株も買って腐らせるのか?というところだろうが
うちはケヅメさんが2匹もいる。そんな心配は皆無だ(笑)
(飼主♂♀も食べられるし^^)

いやーよく買った。
もう、ほくほく・うはうは なので購入明細を公開w

 ・サニーレタス 特大3株 : 100円
 ・小松菜 4束 : 200円
 ・つるむらさき 2袋 : 150円
 ・モロヘイヤ大袋 4袋 : 400円
 ・トマト 大玉 6個 : 300円

しめて1,150円。
おかげで、両手はふさがりこれ以上何かを持つということは出来ず
ニンゲン用食材はただのひとつも買えなかった(笑)

b0055276_0315499.jpg


でも、帰ってから2カメに
ぱりぱりで瑞々しいサニーレタス・特大一株をあげたら
むはむは言いながら食べてくれた。
いい水分補給になったかな。
買ってきた甲斐があるってものだな^^
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-18 00:44 | カメさんの健康