3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:自然をまもりたい( 13 )

重曹生活

最近、このブログの検索ワードに【セスキ酸ソーダ(アルカリウォッシュ)】が多くなってきました。
関心を持ってくださる方が増えたんですかね^^

が、前に【セスキ酸ソーダ】のことを書いてから
それメインの生活をやめ、【重曹】生活へ移行してしまいました^^;

理由は、【セスキ酸ソーダ】よりも【重曹】の方が排水の汚れが少ないから。
重曹は「食品」だし。

まぁ、セスキであろうと重曹であろうと、ついでに言っちゃえばお米の研ぎ汁だって
汚れてしまうのは確かなんで、「より、マシ」なものを・・・と思った結果です。


わが家は去年の末に横浜市に引っ越してきたので、下水が整備されています。
前に住んでいた鎌倉市の一部地域の、
「トイレ排水用浄化槽」そして、「生活排水をドブ川に垂れ流し」
ということもなくなりましたが
いずれ鎌倉に戻るつもりでいるので、生活を変えることは出来ません。

私有地が多い以上、下水施設もままならないのは仕方ないので
ならば排水を少しでも分解し易いもので戻すことにしています。


で。
だんなのYシャツのエリには【セスキ酸ソーダ】の水溶液スプレーだけは続け
それ以外は全て【重曹】で洗濯しています。

洗いあがりも柔らかでいい感じです。(*注)
私は、動物さん達と暮らし始めてから香料が苦手になってしまったので
無香料で洗えるのは、本当に助かります。
動物さん(カメさん・ネコさん)達のタオルや毛布・ベッドも
これで安心してキレイに洗えます。

ついでにキッチンの油汚れやベタつく所も重曹で。

重曹スプレーを作るのが面倒だったら
キッチンの作業台部分に、大さじ1杯くらいの重曹を置いて
そこに水を含ませたスポンジを付けながら磨いたりしています。
研磨効果もあるんですが、傷がそれほどつくわけでもないのでピカピカになるのが気に入ってます。

拭きあがりも、薬剤を使うわけではないので
すぐに触っても気にならないのがいいです。


そんなこんなで、重曹をマメに購入していたんですが
500g入りの市販品を持って帰るのが億劫になり
(うちは、カメさんのごはんである葉野菜もついでに大量に買って帰るもので)
10kg単位で、通販購入するようになりました。

薬局で500g・398円で以前は購入していましたが
今は通販で、12kg・3,100円(送料込)で買っています。
おそらくココが最安値じゃないかと。
参考までにURL載せておきます。
(アフィリじゃないので、お気軽に踏んでください^^)

【重曹】通販 : 重曹&クエン酸販売
http://jk.rodec.net/

【セスキ酸ソーダ(商品名:アルカリウォッシュ)】通販 : ミス・アプリコット
http://www.miss-apricot.com/

<*注>
洗いあがりの感触は、あくまで私個人の感想ですが、柔軟剤を使っていない状態でも
けっこうふっくら仕上がります。
私自身ドライクリーニング指定以外の衣料品は、なんでも家で洗ってしまうのですが
ロングスカートやニット類は、すすぎのときにクエン酸水溶液を大さじ1杯程度入れるとガサガサにならずに仕上げられています。
[PR]
by moonba-moogle | 2007-07-18 17:30 | 自然をまもりたい
私が地上波放送をあんまり見ないので(専ら、スカパーのベイスターズ戦ばっか見てるので)
チームマイナス6%関連のCMなんて、日立のCMで謳ってるのくらいしか知らなかった。

リンクも貼ってる割には、とにかくFlashの多いサイトだから
私の「老体VAIO」さんでは、見るに耐えない動画になる。
で、定期的に来る公式メルマガだけを読む日が続いていた。

昨日届いたメルマガに、インターネット版特別CMっていうのがあって
大好きなペンギンがあったので、早速見てみた。
・・・これがかわいいvv

ちなみにCMは、

【地上波放送中(?)】
 ・ペンギン編
 ・鳥編
 ・アザラシ編

【Web特別版】
 ・カエル編

の4編がアップされてる。

かわいい動きがいっぱいだけれど、
なぜ動物達はそんなコミカルな動きになってしまう結果になるのか、その原因は「誰」が作り出してるのか。

そんなことを考えつつ見るといいかもです。


チームマイナス6%:ハロー!環境技術


今日の神奈川は34℃。
家の中にいてもじっとり汗が吹き出た。
でも、幸いなことに海風が多少吹いてきたんで
今の今までエアコンは使わないで頑張れた。

エアコンに限ったことではないけれど
何かを我慢すれば、環境負荷が僅かばかりでも少なくて済むのはうれしい。

あー、そろそろCo2家計簿つけなきゃな。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-11 02:00 | 自然をまもりたい

セスキ酸ソーダでお洗濯

エキサイトのアクセス解析モドキでポンと上がってきた検索ワードがあった。
(なぜモドキかというと、ホストはわかんないから(笑)ま、Page viewが分れば十分です)

「セスキ酸ソーダ」(アルカリウォッシュ)

セスキ酸ソーダとは、炭酸ナトリウムと重曹の混合物です。
これはアルカリ成分で出来ているので、酸性の汚れに対して、分解する性質を持ってます。

詳しくは↓のページをご覧頂くとして・・・

石けん百科

おそらく、検索したみなさんが知りたい
使用感と洗いあがりの効果について書こうと思います。

まず、汚れ落ち。
汗をかいた時に着た衣類を当日、もしくは翌朝に洗うのであれば
セスキ酸ソーダだけで十分です。ちゃんと落ちます。
頑固なエリの汚れ、手首部分の皮脂が酸化した部分には
1%水溶液を汚れ部分にスプレーしてから洗うと落ちるそうです。

アルカリウォッシュ製造元の「地の塩社」によれば、水500mlに対して5gの
セスキ酸ソーダ(アルカリウォッシュ)を溶かしたものをスプレー・・・と書いてありますが
うちのダンナはとにかく汗っかきで、1日着ただけでYシャツの首周りが
黒ずむので、10%水溶液でスプレーしてます。

5分ほど経つと、酸化した皮脂がアルカリ成分と中和して汚れが消えかかります。
そして、さらにアルカリウォッシュ入りの(水30lに対して大さじ2杯)の洗濯機へ入れ普通にお洗濯します。
こうすると、すっきり落ちます。

・・・で、何でもそうだと思うのですが、メリットもあればデメリットもあるのです。

真っ白のYシャツだと、スプレーした後、エリをこすり合わせて洗わないと
黄ばみが残ります。
なので、もしこすり洗いで生地の痛みを心配される場合は、100円ショップかなんかで
爪ブラシを買ってきて、エリやソデをこすってから洗うと落ちると思います。

ちなみに、インナーシャツなどの綿シャツも同じようにすると落ちます。
ただし、合成洗剤のようにいわゆる漂白剤配合ではありませんので
CMのような真っ白!を求めることは出来ません。
もとの生地の色、になるだけなのをお忘れなく。。。

多分、セスキ酸ソーダを検索される方は、環境問題やアトピーなどの皮膚炎に
関心をもたれていると思います。
ですので、真っ白を求めるがゆえに、ここで普通の漂白剤を使ってしまったら
同じ事になってしまいます。
その場合は、塩素系ではなく酸素系の漂白剤を薄めに使うのも
ひとつの方法だと思います。
これは、塩素のように即効性はありませんが、一晩付け置きするだけで
塩素系と同じ効果が得られます。

セスキ酸ソーダを部分的にスプレーして5分、酸素系の漂白薄め液に一晩付け置き・・・
こうして、翌朝、セスキ酸ソーダだけでお洗濯すれば、ほぼ真っ白になります。


ちなみに・・・私は会社勤めをしているので、平日の洗濯は専ら夜です。
当然ながら夜干しです。
↑に書いたようなことは、わかってはいるのですが、とにかく疲れてめんどくさい。

なので、ダンナには「真っ白のYシャツ」は買いません(笑)
まぁ、歳も歳ですし(30代中盤)真っ白着なきゃ会社に行けないってこともありません。
Yシャツを買うときは、薄めの色合いのカラーシャツを選んでもらっています。
これで、かなり洗濯の手間が省けてるのは言うまでもありません(笑)
(でも、スプレーはちゃんとしてるのでエリ汚れはちゃんと落としてます、念のため(笑))

ついでに言ってしまうと、私は洗濯はソコソコ好きでも
アイロンが大嫌い。
理由はもちろん、めんどくさい。
なので、東洋紡の形状記憶Yシャツを愛用してます。
(通販のニッセンで売ってます)
これ、いいですよー。
汚れも落ち易いし、生地も強い。本当にシワになりにくいです。
汗かきサラリーマンの強い見方です。

私は、Yシャツだけまとめ洗いして、すすぎ→脱水が終わった後
もう一度Yシャツが洗濯層の中でひたひたになるくらいの水を入れ、またびしょびしょにします。
んで、今度は脱水を30秒だけかけます。
そうすると、水滴が落ちない程度にしか脱水されないわけですが
そのままハンガーにかけて干せば、ぴんと張ったYシャツが戻ってきます。

(やっぱりね、形状記憶シャツと言っても、洗濯機の自動脱水5分の前では、シワシワで効果は期待出来ませんな(笑)それが実感です)


・・・話がそれましたが^^;

合成洗剤ではなく、セスキ酸ソーダや重曹を使うのは
ひとえにその分解率の高さと安全性です。

合成洗剤が全て悪ではありませんが、環境を脅かす存在であることだけは事実です。

それならば、少しの工夫で、肌に対しても河川に対しても
より負担の少ないものを選んで使っていくのがいいと思いませんか?

我が家の場合で言えば、私有地であるがゆえに
下水未施設のうちの居住地のトイレを除く排水は真下のどぶ川にたれ流しです。
そしてすぐ近くの大きな河川に流れ込みます。
途中で下水処理場が取水して、汚れを取り除き、また河に戻していますが
その河がきれいかと問われれば、否、です。
河には鯉が放たれていますが、よくもがいていたり死んでいたりする所を見かけます。
無理やり、河がきれいだとニンゲンに思わせるために動物が犠牲になります。

そして、その水は、江ノ島海岸に流れ着きます。
そこで海水浴をしている人たち、これを知ったらどう思うんだろう・・・といつも思います。


セスキ酸ソーダにしろ、酸素系漂白剤(過炭酸ソーダ)にしろ少しの時間で水と酸素に分解します。
また、合成洗剤に含まれる酵素やゼオライトは肌のかゆみの原因になったりもします。

人が便利だと思うものは、環境や人体への影響があったりします。
しかしながら、この現代で、それを全てやめることも出来ません。

そんな時、ニンゲンは治癒を求めて対処療法に走りますが
そうではなく、根本的なところから改善していくほうが得策ではないでしょうか。
根本が解決していなかったら、いくら薬を塗っても飲んでも、その場しのぎにしかなりません。

少しの「手間」ではなく、「工夫」で人体への危険や環境負荷を減らせるのなら
それほどいいことはないように思います。

合成洗剤に限らず、強い化学製品を使うことに
耐性の有る人はいいかもしれませんが、それによって苦しんだり不快な思いを
している人もいます。

環境に負荷を与えないものは、得てしてニンゲンに対しての負荷も少ないはずです。

環境とニンゲンのつながりを断ち切ることが出来ない以上、
真剣に考え、やってみる価値のあることだと思っています。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-10 13:30 | 自然をまもりたい

お家へ帰ろう。

昨日、たいした買い物もしなかったので2カメのニンジンを買いに駅ビルのスーパーへ。
このスーパー、地元の物価から考えると恐ろしく高いというか定価のものしか売ってないんだけど
野菜だけは地元の物価に近い。

で、その野菜コーナーの目玉は、地元で採れた野菜。所狭しと並ぶ野菜の値札には
「湘南トマト」とかなんでも「湘南」がついてる(笑)
まぁ、だから、新鮮なんだけど。

で、いつものように野菜の値段チェックをして、ニンジンだけ買って帰ろうとしたら
大きな束の「湘南」小松菜が98円。

おぉ、これはお得♪と思い一束だけ買おうとしたら、小松菜の中になにやら白っぽいものが。

なんと小さいカタツムリ。.........@ノ”

でも、野菜コーナーは冷蔵棚の冷気のほかに
冷房が集中してかけられてるところ。

かわいそうだが、もう死んでしまってるんじゃないかと思った。

が。
隣りの束にももういっぴきカタツムリが!
こっちもまじまじと見たら、かすかに動いてる。

どうしよう。
このまま1束だけ買って帰ったら、もうひとつの束のチビは
ほかの人に買われて、流しの三角コーナー行きじゃないのか。
そりゃムゴイじゃん。

それと、動かないほうのチビも本当に死んでるんだろうか。

・・・そう思っちゃったら、置いて置く訳にはいかないよな(笑)

2束を抱え、ついでにほかの小松菜もざっと目を通して
もうほかにはいないことを確認。
今日は、ほかに荷物もあったので、これ以上重いもの(小松菜って意外に重い・・・)は
肩こりをひどくするので、ニンジンをあきらめた(笑)

レジのおばさんに、カタツムリがいることを伝え、そーっとスキャンしてもらう。
(おばさんも喜んでたw)

そして、とりあえず水を少しだけかけてやらにゃーと、家路を急ぎながら考えた。

とりあえず、この子達、つれて帰ってどうしよう?

うちで育てるのか?でも、虫かごみたいなのはないし
むんばたちが昔使ってたポリ容器の風呂を洗浄して細かい網目のフタをして使っても良いけれど
日中、ニンゲンが不在にする家で、しかも室温30℃。風通しもない。
むんばたちはドライ運転にしてやればいいけれど、
このチビたちは茹でカタツムリになってしまうんじゃなかろうか。

そうこう考えながら歩き、ふと袋の中を見ると
2匹とも這い出していた。

外気に触れて、少しは体があったまったんだろうか。
(後で調べたことだけど、カタツムリは寒くなると冬眠に入るらしい。でも、チビのいた場所は冷蔵庫付近だったし、おそらく1~2日前は畑にいたと思うので、急激な寒さで単に動きが鈍くなったのかもしれない)

これを見て決めた。
自然に帰そう。

これから大雨や台風が来て、過酷な状況が待っているだろうが
うちのポリ容器なんかよりはいいはずだ。
やもりんとかに食われちゃうかも(?)しれないが、それでもポリ容器(くどいw)中よりは
はるかにましだろう。

やっぱり、太陽を浴びて、夜露をまとって、風に揺られてるのがいいと思う。


ということで、いきなりお名残惜しいが、記念撮影してさよならすることに。

とりあえず小松菜をさっとぬらして、そこへチビたちを置く。
b0055276_2342187.jpg

チビ1号。
b0055276_23423887.jpg

チビ2号。
b0055276_23425487.jpg

ちなみに大きさは・・・(また比較対照に最適なモノがライターしかございませんでした;;)
b0055276_23443631.jpg


さぁ、どこへ帰そうかと思いながら帰ってきたのだけど
うちの隣りは、まるまる1軒分の広さをもつ庭のあるお宅。
うちのアパートとの境に、フェンスがあるんだけど
ラッキーなことに、そのお宅の庭の紫陽花がフェンスを越えて、うちのアパートの敷地内に
せり出して咲いていた。

ここへ置いてやれば、緑のいっぱいあるそのお宅のお庭へ自分達で向かってくれるだろう。
そうなれば、私も不法侵入しなくて済む(笑)

お餞別に、2匹のチビが乗っかっていた小松菜を持たせてお別れした。
b0055276_23504914.jpg

暗がりで、懐中電灯を持ちつつ、記念に1枚。

がんばって生きていけよ~と思いながら、その場を後にした。

b0055276_23542987.jpg

帰ってから、おやつを心待ちにしてる2カメへ、さっきの小松菜を進呈。
ニンジンじゃなくなっちゃったけど、これでもいいよな(笑)

☆彡こちらのページを拝見しました。
蝸牛村小動物学会 (かたつむりむら しょうどうぶつ がっかい)
メール非公開・BBSも削除されていたので、リンク許可を頂いてません;;すみません。
カタツムリほか、カエルや蝶など、とても丁寧に飼育方法や生態を説明されています。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-04 00:02 | 自然をまもりたい

乗り越えたか!

b0055276_23554616.jpg


ケータイ画像で、玄関のライトのみで撮ったので見づらい写真で申し訳ない。

今日、帰ってきたときに入り口で見つけたイモヤモリん。
体長7~8センチ。

見た瞬間、確信した。


去年のあの子だ!↓

※画像をクリックすると、「去年のあの子」(体長4センチ)にジャンプします^^

私が正確に判別できるかなんぞは、まぁ、置いておいて(笑)

でも、多分、去年のあの子だ。

よ゛がっだ~~~;;
生きてたよ;;

でにうさんから、ちゃんと冬眠すると教えてもらったけど
やっぱ零下の気温じゃまずいんじゃなかろうかと思っていた。

春になっても、連日夜は10℃以下だし
仮に冬眠から目覚めたとしても、かえって今の寒さにやられてしまうんじゃないかと
なんとなく思っていた。

真夏になると、わが家の窓には2種類のイモヤモりんが来る。
黒くて大きい(体長15センチ)子と、↑の子と同じピンクの大きい子(体長12~3センチ)。

その子の子供か?

窓ガラスにお腹をぺったりくっつけてる姿を発見したときには
ちとビビッたけど、よくよく見ればかわいい目をしてるよね。


よくあの寒さに耐えたなぁ。
ほんとよかった。

ちゃんと冬を乗り越えてくれたことに、改めて
自然の中で(いや、こんな民家に住んでるから、半野生?^^;)生きてることの
強さを見た気がする。

でも、これで玄関を開ける前の楽しみが増えた(笑)

あとは、初夏になって、カマキリママさんが
うちのベランダにタマゴを産みに来るのを待つばかり。

やっぱあったかい季節っていいねぇ(*^_^*)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-04-25 00:23 | 自然をまもりたい

ぴよぴよ・・・

うちのキッチン側に面するお隣は、空き地。
というか、2軒先のお宅が持っている更地。

でも、まるまる1軒分空いてるから、去年・一昨年の台風のときは
風を遮ってくれる物が何も無いから、換気扇から風雨が吹き込んできた。

換気扇自体も前々からこの家についてるもので古いから
さすがにまずいなと思って、新しくして
更に管理会社にお願いして、外側の換気扇フードを深くしてもらい何とかしのいだ。
(それでも、台風だと雨が時折吹き込んだ・・・)

そして。

煮込み料理を作る以外に換気扇はあんまり使わないんだけど
(帰宅も遅いし疲れてるからたいした料理は作らない^^;)
さすがに暖かくなってきたから、キッチンの温度も上がる。

で、この前換気扇をつけたら、なんか、風の音以外に聞こえてくる。
慌てて止めて耳を澄ますと・・・

「ぴよぴよ・・・・・」

Σ(〃▽〃 )

外から見て確認したわけじゃないけど
どうも、換気扇フードの内側に、鳥の巣ができたらしい(笑)

フードを深くしたから、少々の風がきても大丈夫なのだろう。
それに、深くする前に、一度スズメバチの巣にされて
それを業者に外してもらったのだけど、たぶん、スズメバチの巣の残骸の一部が残っているから
鳥も巣が作りやすかったのかも知れない。

ということで、ヒナが巣立って
この巣が用済みになるまでは、換気扇はつかえないことになった(笑)

ま、窓を開けて火を使えば済むことか^^;

ちなみに換気扇の真下はコンクリート。
そこから、1メートル先は、お隣の更地。(でも、野草がいっぱい生えてる)
願わくば、巣立ち前に落ちるときは、怪我しないように
1メートルだけ頑張って飛んでから、落下してくれ(^人^)


鳥のヒナが落ちていたら・・・(日本鳥類保護連盟HP)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-04-23 23:18 | 自然をまもりたい
我家はシャンプー・リンス・ボディソープ・台所洗剤・洗濯洗剤まですべて「石けん」を使っている。
理由は、住んでいる地域が私有地でトイレ排水だけが浄化槽を通り、それ以外はすべて大きい河川の支流にそのまま排水されているから。
都会とは言わないけれど、世界遺産を目指すこの市の下水普及率が94%というのはちょっと低いのではないかと思う。(政令都市は99%)
ぜひ、その残り6%の我家の地域にもきちんと設置して、河をきれいにさせてほしい。


今の家に住むときに「下水ではなく浄化槽」と聞いていた。
生活排水すべてが、浄化槽だと思った。
そのときは、上水道料金しかかからないことに喜んでいたが(←ばか)ある日、配管が詰まり
工事業者にメンテナンスをしてもらった時に、トイレ以外は直接排水というのを教えてもらいショックを受けた。

そもそも、配管が詰まるというのはカビなんかのせいよりも、鍋や食器を洗ったときに流される「食用油」や
洗剤カス(洗浄後の汚れが洗剤にからまって出来た固体など)が溜まることのほうが多いのだそうだ。
別に、揚げ物をした油を流すわけではあるまいし流しても微々たる量・・・と最初は思ったが
毎日の「微々たる量」は、蓄積され大きくなるわけだから、あなどってはいけないと教えられた。

それ以来、鍋やお皿についた油は拭き取ってから石けん系の台所洗剤で洗うようになった。
これをやると、配管のぬめりが減るとのことで、一石二鳥♪

【フライパンが熱いうちに拭いたほうが油が取れますが、拭いた紙は冷ましてから捨ててください。熱い油を含んだ紙がゴミ箱・ゴミ袋などの密閉もしくは密閉に近い状況に置かれると自然発火し火事の原因になります】

そして「じゃあ、洗濯も」ということで、これまた洗濯石鹸を使い始めた。

が。ここで「Yシャツを着るだんな」を持つものにとって必ずぶつかる壁に出会う。

そう、エリ・袖の汚れが取れないのだった。
今まではエリ・袖用の部分洗い用合成洗剤をつけて軽くこすってから洗濯機へ入れれば済んだが
洗濯石鹸だと、気合を入れてこすらないと落ちない。
皮脂って意外に頑固汚れなのだと思った。

しかし、ここで合成洗剤には戻れない。
やっぱ小さい洗濯板でも買ってくるか。。。とへこんだ時に、更に洗濯層の汚れが浮き上がる事態に陥る。

あぁ、洗濯層の洗浄も合成だからやめて、なんかいいのをと探してるうちに忘れてしまっていた。
もう数ヶ月、洗濯層掃除をしていない。

そんなとき見つけたのが話題の「セスキ酸ソーダ」だ。

セスキ酸ソーダとは、重曹と炭酸ナトリウムの中間物質だそうで、アルカリの一部。
これが、万能なのだった。

エリ・袖汚れは、Yシャツごと数時間セスキ酸ソーダ(洗濯機の水位が中くらいで大さじ2)を
入れた水につけておけば、こすらなくてもキレイに落ちる。
洗濯石鹸はいつもの3分の1しか入れなくていい。
とても水に溶け易いので、どんな冷たい水でも大丈夫。
あとは洗濯機を回すだけ。
普通の洋服に至っては、セスキ酸だけで洗濯石鹸がいらないことも多い。
特筆すべきは、洗濯しながら洗濯層の掃除・カビ付着防止をしてくれること。

そしてうちの場合は、使って3日で洗濯層の臭いがまったくなくなった。

水への分解率などは、明確にかかれているものが見つけられなかったのではっきりとはいえないのだが
とりあえず合成洗剤・石けんよりは高いようだ。
私は仕事をしているので、マメにエリ汚れを取ったり、洗濯層の臭いを気にすることもなく過ごしてきてしまったけど
一晩つけておくだけなら、なーーんもしなくていい♪
もうこれナシでは洗濯するのがいやになる。

いろんな所で売ってるみたいなので、環境汚染が気になる人や
Yシャツ洗いに手間ひまかける時間がない人などはぜひ♪


ちなみに私はココで買ってます。(ここでの品名は【アルカリウォッシュ】)
b0055276_22372523.gif
動物実験をしたものを一切販売していないし、環境にも配慮したものばかりです。
b0055276_21423798.gif

b0055276_1472062.jpg

b0055276_21423798.gif

[PR]
by moonba-moogle | 2005-10-18 22:48 | 自然をまもりたい
国内最大のアザラシ死ぬ 新江ノ島水族館のみなぞう Excite エキサイト : 社会ニュース
[動物園、ペット] ミナミゾウアザラシのみなぞう急死 新江ノ島水族館 - goo ニュース

新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)の人気者だったミナミゾウアザラシのみなぞう(美男象、オス)が4日午後5時過ぎ、急死した。えさが入ったバケツを抱え、「アッカンベー」とピンクの舌をのぞかせるポーズで入場者を喜ばせてきた。
 体長4.5メートル、体重約2トン。11歳で、人間の年齢だと30歳代後半の男盛りだった。3日夜から体調が悪くなり、4日朝になってもえさを食べないため、この日のショーを中止。閉園後、獣医師が検査をしようとした矢先に嘔吐(おうと)し、そのまま息を引き取ったという。死因は不明で、同水族館は5日にも解剖して調べる。
 みなぞうは国内で飼育されている唯一のオスだった。
同水族館によると、みなぞうはアザラシの中でも大型のミナミゾウアザラシ。11歳で、体長約4・5メートルだった。
 1995年3月、1歳で南米ウルグアイの島からやって来た、みなぞうは、餌のバケツを小脇に抱えて舌を出すしぐさをマスター。1日数回のショーをこなし、同水族館の人気者になった。
 3日夕から餌の魚を食べなくなり、4日になっても回復しないため、プールの水を抜いて治療しようとしていた矢先に息を引き取ったという。同水族館は5日からプールの前に献花台を設ける。


うそだよ、やだよ、あたし、「あっかんべー」見てないもん。
お昼寝してるみなぞうくんにしか会った事ないよ。

夏がつらかったの?
人に囲まれるの、疲れちゃったの?
b0055276_034251.gif

昔、別の水族館のミナミゾウアザラシが亡くなってしまったのを聞いたことがある。
腎臓と心臓が悪くなって死んだのだと。

心臓はわからないけど、腎臓はゆっくり壊れていく臓器だから
ちょっとずつ、悪化していたのかもしれない。

みなぞうくんが、何が原因で亡くなったのかはわからないけど
あれだけ、毎日毎日、ニンゲンに囲まれていたら
ストレスも相当あったのだと思う。
今年5月に見たみなぞうくんは、疲れていたように見えた。

そんなあたしも、みなぞうくんとウミガメさんが見たくて
江ノ島水族館に行ったひとりだ。

なんか、、、、、ごめんよ。

みなぞうくんのお世話をしていた人は
本当にココロからみなぞうくんを愛していた人なんだそうだ。
きっとその人が、今、いちばんつらいだろうな。


もし、日本へつれて来られなかったら、本当は今ごろ
亜南極の豊かな海で暮らしていたんだろうな。
日本にいながら、いろいろな海洋動物を見ることが出来てしまうのは
見る側にとっては、とても嬉しいことだけれど
もう、自然界で生きてる動物を捕まえてきちゃだめだと思う。
自然界と、人の飼育下では、免疫だってけた違いになってしまうと思う。


ゾウアザラシは100年くらい前、あの大きな体の80%以上を占める体脂肪を
燃料にされていた時代があった。
体をニンゲンが持ち運べるサイズに切り分け、機械で脂肪を精製して
油を絞っていた。
そうやって、一時は絶滅寸前に追い込まれた動物だ。

その後、乱獲は止まったけれど、長い時間が経った今でも生息数は戻っていないのだそうだ。

みなぞうくんを見ていなかったら、知らなかったゾウアザラシの過去のこと。
でも知りはしたけれど、亡くしてしまったら失ったものは何倍にも大きいのかもしれない。

亡くなったと聞いて、月並みな言葉しか思い浮かばない。
でもそれよりも、こう言いたい。
みなぞうくん、こっちが楽しんでばっかりだったね、
本当にごめんね。
[PR]
by moonba-moogle | 2005-10-04 23:38 | 自然をまもりたい
チームマイナス6%に参加してからというもの、
わが家ではエアコンを使うのを最小限にしている。

30℃のカメ部屋を雑巾がけすると汗が玉のように流れるが
窓をあけまくり、わずかばかりの風に当たり涼んでいる。

ぱぱむんばが帰ってきても、当然ながらエアコンはつけない。

が。
さっき帰ってきて開口一番「つけて。」

今日は風が強くて、部屋の中を吹き抜けるほどだ。
ぱぱむんばはスーツを着ていたので
それ脱いで我慢しろょ~と言ったらひとこと。

「服は脱げるけど、(皮膚を脱いで)ホネだけになれないから暑い。だからつけて」


`s(・'・;) えーと・・・ ホネ状態って寒いの?


よくわからんが、とりあえずエアコンつけました。
あぁ、秋が待ち遠しい。。。。。
[PR]
by moonba-moogle | 2005-09-14 21:46 | 自然をまもりたい

夏の来訪者

b0055276_23563221.gif


ついさっき、玄関脇で発見。
先月にいたコ(15センチ)よりもぜんぜん小さい。体長4センチくらい。

こんな小さい子がうちの周りにいるのか。
今年誕生したベビーちゃんだろうか。

ままむんば、ヤモリさんのことは全くわからないのだけど
やっぱりこういう姿を発見できると、なんとなくほっとする。

生態はわからないので、これから先寒くなっていったらどうなるのだろうか。
でも、ココは虫もたくさんいるし、食べ物には困らないハズなので(狩の腕にかかってるけど^^;)
力強く生きていってほしいなぁ。

そして、また来年も元気な姿をみせてくれるのを楽しみにして待ってるよ(^-^)
[PR]
by moonba-moogle | 2005-09-09 23:56 | 自然をまもりたい