3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Kame-log( 377 )

実況 お便秘解消

おはようございます。
本日も寝坊して07:45に起きたままむんばです。

案の定、

ごはん、ごはん、ごはん、ごはん、ごはんーーーーーー!

と探し回ったらしいモグは、今日もすってんころりんとひっくり返ってました・・・ (゚O゚;)
ごめんよ、モグ。不甲斐ない、ごはん運び人のままむんばを許してたもれ。


さて、今日こそむんばのお便秘を解消します、します、絶対に!

先ほど、ごはんを食べてから、
温浴1回目をしました。いつもより長い15分。
出たがるまで(1度、お湯換えして)浸かってもらいました。

まぁ、これで出るとは思ってないので、とりあえずお腹を暖めるくらいの気持ちで。


。。。でも、尿酸か、うんぴが出そうになると、後ろ肢でしっぽのあたりを
掻く仕草をします。名付けて、「おしりかいかい(←まんまw)」
始めたので、いい兆候です。


さて、カメ部屋の様子を見に行ってくるかいな^^
[PR]
by moonba-moogle | 2004-11-27 11:00 | Kame-log
むんばが便秘だ。

完全に床飼いしてから、排泄のサイクルが変わったのはわかっていた。

最後に、大量のうんぴをしたのが日曜。
それから、しっこしかしない。
ごはんは残さず食べている。だから余計にまずい。

今日は会社から帰ってくるときに、「今日こそ床がうんぴまみれで惨状だろう」と
思っていたんだけど、帰ってきたら何も無い。
いや、正確にはむんばが新しいしっこの仕方を開発した跡が残されていた。

6畳間、ナナメしっこ。

ようは、6畳間の対角線上に沿って、しっこをしながら歩いた、、、だけなんだけど^^;
3メートル以上に渡って、まっすぐに乾いたしっこの跡があるのは、
ある意味、壮観w(゚o゚)w


。。。あ、えっと感心してる場合ぢゃないんだ;;
1週間うんぴ無しはやっぱまずい。

かめごはんがまずいのか。
最近は、モグも仲間入りしたので、野菜の消費ペースが速くなったので
以前より野菜を購入しに行く回数が増えて、ごはんにする野菜のバリエーションは増えていた。旬っていうか、店頭に並んでるものを買ってくるからさ^^;
(モロヘだけは、会社近くのスーパーもチェック♪今日も1袋180円だった。\(^O^)/)

基本はモロヘイヤで、そこに小松菜・チンゲンサイ・サラダ菜・つるむらさき・
大根葉・サニーレタス・クレソンのうち3~4種類を混ぜる。

それから、むんばもモグも大好きな、レンジであらかじめ加熱したすりおろし人参・
5ミリの角切りトマトが、水分補給の副食としてつける。

食品栄養データベースとかで調べると
モロヘとかは、市販の野菜では繊維質も多目だし。。。なはずなんだけど
やっぱ常食として考えると、むんばの体にたいしては少ないんだろうな。

しかし、うちのあたりは道端に野草が生えてはいるけれど
線路際・保線作業場だったりして、線路の敷石をコーティングする樹脂が
(石に撒くんだったら溶剤型だから余計溶け出しているんぢゃないのか?)
染み込んでいると思う。
怖くてあげれないょ(T.T)

だったら、採取にいけばいいのだが(以下、飼主の言い訳)
夏に通っていた遠いほうの無料の公園までは徒歩で25分。
通勤でヨレヨレの私的にはきつい。
近所の有料公園は、きれいに整備されてるから何も生えてない;;
それと、野草を食べなれないせいもあって、たまに実家からもらう
プランターの脇に生えた、無農薬クローバーや
はこべ・たんぽぽ(葉と花)をあげても残してしまう。
それなら、と思い、リクガメも食べれる牧草の生葉とかも買ってみたが
硬いから、刻んであげても食べない。
乾燥牧草なら(よくうさぎさん用でも売ってるやつ)柔らかいというか
噛みやすいと思うけど、あれは、腸に詰まるからいけないんだそうだ。


。。。。。o(><)O O(><)oヤバイヤバィィ

とりあえず明日は温浴→運動を繰り返してみよう。


ただね、ひとつだけ不思議なことがあるですよ。

WEBカメラ(今、調整中です、見れなくてスイマセン((^^)) ドーモ、スイマセン。)
で日中の様子を見てて思ったんだけど、明らかに動いてない。
シェルターから半身を出して、ぼーっとしてることが多かった。
でも、飼主がいると、それがウソのように、てってってってっと歩いている(走るw)

私が床を雑巾がけしてると、一緒になってパタパタくっ付いてくる。
(当然、四つん這いだから、カメ仲間だと思われてるのか(笑))

多頭飼いは良くないと言われているカメさんだけに、こんなこと言うのもはばかられるが、

むんば、いっぴきでいるの寂しいのか???

(モグはまだ、一緒にしてません。つぶされてしまいますw先生から200gになったらいいよ^^と言われてますが。)

でも、いってらっしゃいとお帰りを伝えるために起きてきてくれる
むんばだから、、、と余計な妄想をしてしまう←バカ


(~ヘ~;)ウーン なんでもいいから、明日はうんぴ出してくれよな、むんばぁ~(T人T)

@むんばは♀かも。しっぽ短いし。だからってままむんばのお便秘受け継がなくていいんだてばさ。明日はままむんばと共に、お便秘治すべよ~(^^;;;
[PR]
by moonba-moogle | 2004-11-26 23:35 | Kame-log

モグ、コケる

今日はどうしても調子が悪くていつもの時間に起きられず
08:00近くまで寝てしまった。

とりあえず会社に遅れると連絡を入れ、むんばとモグのケージにかかっているカバーを外しに行く。

まず、むんば。
むんば、おはよーと声をかけながらカーテンもどきのカバーを外すと、ケージと床の境目に
何故か佇み、ぼけ~っとした顔をあげて私を見る(f^^)
今日こそ、うんぴしろよ~とまた声をかけるが、まだ眠いらしくぱちっと目をつぶってしまった。
今日もだめかいな。。。

そして、モグ。
こちらはカーテンじゃなくて、フタ。
モグ、おはよーと、こちらも声をかけながらぱかっとフタを取った。

(゚O゚;)ー

モグっっっ!

なんと、見るも無残に保温ランプの下でひっくり返っていた(^^;;;

むんばは、ちゃんと目が覚めてからでないとごはんを食べないので
食べる時間はバラバラ。
でも、モグは、私の出勤前の6:30の「ごはんの時間」を覚えたらしく
エサ皿を置く定位置で、ごはんが来るのを待っている。

しかし、今日は待てど暮らせどごはんが来ない。

来ない、ごはんが来ない、ごはんが来ない。。。!

業を煮やしたモグはきっと、せまいケージの中を
ぐるぐる回って、ごはんを探していたんだと思う。

そしてあちこち回ってる間に、ケージとシェルターの隙間の
タオルカバーに乗ってしまい、バランスを崩してすってんころりん。。。
となったのかもしれない。
1時間はひっくり返ってたのかも;;

スポットの下でコケてなくてヨカッタ(T.T)
私がまだうちに居る間でヨカッタ(T.T)

。。。そういえば、むんばも何回か狭い60cmのガラスケージの中で暴れて
水入れの中ででコケて、顔半分が水に浸かっていた状態なのを
帰宅して発見して、真っ青になったっけ。
それで、急いで、でかいケージを発注したんだ。

そうか、モグもか。
発注時期なのね。。。

。。。来月の生活費切り詰めよう。電気はケチれないから水道とガス代も。


ヾ(@゚▽゚@)ノあはは・・・・・・・・・・保温球のストック大量発注したばっかりなのに;;;



今から、メールでモグ用ハウス、発注してまいります。。。
[PR]
by moonba-moogle | 2004-11-26 00:27 | Kame-log

食い初め記念日

b0055276_094767.gif


買い物に行ったら初物のイチゴを売っていた。

今日は年賀状用にむんばとモグの写真を撮るから
どうせじっとしてないむんばたちを「イチゴでつって」撮影することを思いつく。

むんばの大好きな栃乙女。モグは、イチゴ食い初めである。

粒の揃ったほうは1パック580円。不揃いは380円。
パックを下から覗いたら、不揃いでも痛んでいるところは全く無かったので380円のを選択(^0^b


------さて。

100円ショップで赤い毛せん代わりの生地を探すが見つからず赤いのれんを買う^^;
でも光沢があっていい感じ♪
のれんの上に、去年買った水引で出来た亀さんを置き、その両脇にむんばとモグをちょこんと佇んでいてもらう。。。

っつーのがこれまた大変(´ヘ`;)ハァ

むんばに薄切りイチゴをさらにちぎって小出しに食べさせると、飲み込む瞬間はじっとしてるので、それがシャッターチャンス(笑)
モグは何が起こるんじゃ?といった風情で、ちょこんとその場にいてくれた^^

モグも床にいるので、ファンヒーターをがんがんにした中での撮影で、飼主も汗だくである。
撮ること10数枚で、やっと最後に2カメとも前を向いたやつが撮れた(~^T)ジーン

で、撮影会w終了後に、お疲れ様の意味をこめて
改めて残っていた薄切りイチゴを2カメにあげた。

むんばは、「イ、イチゴっ!!!」という感じでカメダッシュしてくるが
モグは生まれて初めての赤い食べ物の匂いを一生懸命嗅いでいる。
にんじんともトマトとも違う匂い。

匂いを嗅いで3秒くらいイチゴを凝視したあとパクッと食べる。
ちょっとだけ、不正咬合気味のくちばしをパキンと鳴らしながら。
(不正咬合は矯正開始しました^^)

「モグ、うまうま?」と聞いてみたけど、そのままてってってっと歩いて行ってしまった(+。+)アチャー。

お気に召さなかったらしい(^。^;)

でも、むんばも初めてイチゴを見たときはこうだったけど、今では、世界で一番イチゴを愛している^^;

食べすぎは良くないし、病院の先生には「エサにフルーツはいらない」と言われているんだけど
月1くらいだからさ(先生、ごめんなさい)


まぁ、モグもそのうち、「世界で一番大好き」なモノが見つかるのかも^^
[PR]
by moonba-moogle | 2004-11-24 00:11 | Kame-log

走るケヅメ

カメはとろい。

と、ずっと思って生きてきたけど、むんばたちと暮らすようになってから
それはウソだとわかった。

うちのむんばは走る。
映像は、ぱぱむんばが近日中にアップする(予定w)けど
とにかく早い。

あの短い足で、ダッシュする。

前にごはんを食べながら友達にカメさんのことを話していたときに
イチゴをあげるとカメダッシュして寄ってくるんだよ~^^と言ったら
「たとえば、このテーブルの端から端までの距離を何秒で走る?」と質問された。
そのとき席についていたテーブルはちょうど50センチくらい。

50センチなら、、、2秒。
たったったっとリズミカルにダッシュする様子を想像すると、そのくらいだ。

友達はエラく驚いていたが、むんばの姿はまぎれもなく、走っている。



そして。
先月から我が家の家族になったモグ。
お迎えしたときの足は、「爪楊枝」としか形容し難い細くて折れそうな足だったが
最近は爪楊枝が小枝になり体力もついてきたみたいだった。

そんなモグの成長をうれしく、ゆっくりと育ってくれればいい、と
ほほえましく思っていたままむんばだったが。。。

見てしまった。

モグが走ってるのをwwwヾ(´▽`;)ゝ

もう、床へ降ろしてやると目の前に広がる広いフィールド(いや、ほんとは狭い6畳間(笑))を
興奮しながら走る。

いやぁ、カメさんはあなどれませんね。いや、マジで(笑)
っつーか、ケヅメだからこうなんだろうか?
ほかのカメさんがどんな風に動いたりするか、間近では見たことない^^;

でかくなったら、相当なスピードなんだろうなぁ。
お散歩行ったら、逃げられないようにこっちも体力つけとかなきゃ。


みなさんのお宅のカメさんは、秒速何センチですか?
[PR]
by moonba-moogle | 2004-11-22 22:03 | Kame-log

Moogle(モグ)

10/10の土曜日、紫外線ライト(レプティサン)を買いに
むんばがいたペットショップへ行った。

正直、今はペットショップが嫌いだ。
前回、ライトを買いに来たときもヘルマンのベビーちゃんがいて
「うー、かわえぇ♪」と思ったのと同時に
水入れも入ってないガラスケージを見て悲しくなったからだ。

店員さんに、「あのー、水入れ置いてあげないんですか?」と言ったら
嫌な顔されたし、でも弱ってないか心配で「このこ見せて」とまた言ったら
クレームをつける客だと思われたらしく
「この子はまだ売りたくありません!まだ調整中です!」(原文ままw)
と言い放たれていたからだ。
(あのヘルマンちゃん、良い飼主さんのとこへ行ってたらいいなぁ)

でも、今日、紫外線ライト買っておかないとまずいと思っていたので
休日でダレていたぱぱむんばを引きずり、あの忌まわしいショップへ向かった。

ヘルマンちゃんを見たときから、半年以上過ぎていて
店内のレイアウトが変わっていて、ほとんど熱帯魚関係が占め
リクガメ、いや、爬虫類のコーナーが半分に縮小されていた。
いるリクガメの種類も3種類。ホシ、ギリシャ、そしてケヅメ。
しかもむんばの時と同じようにケヅメだけセール中。

「( ゚o゚)ハッ!」
ガラスケージに薄くひかれたカルシサンドの床材の上に
砂が潰れて粉まみれになっている小さなケヅメが1匹
すみっこでじっと目を閉じていた。アタマも口の周りも
なんだか黒くて汚くなっていた。

爪楊枝みたいな足をでろーんと伸ばしていた。
明らかにやばい、と思った。

でも、むんばの時のことがアタマをよぎり、咄嗟に思ったことは『まだ、間に合う』だった。
えさ皿に少しだけひからびた野菜が残ってたので、水分はとっているかも知れない。
だったらかろうじて体調は崩してないんじゃないか。
(むんばの時は、リクガメフードがひからびていた)

だけど、現実問題として
 ○デカくなるケヅメを2匹も健康にそだてられるのか
 ○餌代は捻出していけるのか
 ○2匹にそれなりのスペースは確保してやれるのか
 ○むんばでずいぶん通った動物病院。今度も通うことになるだろうが会社をまた何度も休めるのか
 ○何より、むんばがストレスを感じないか
と、その場で考えた。

で。むんばをお迎えするときもそうだったが、ペットショップへ来ると
用事が済んだら即帰ればいいものを「休憩!」と称して
近くのファミレスへ行くのである。
要は、脳みそ冷却時間を設けるためである。

さっき考えたことを、もう一回考える。
でもその時ぱぱむんばと出した答えはNoだった。
経済的にもそうだけど、やっぱり多頭飼はよくないのではないかというのが結論だった。
後ろ髪を引かれる思いだったけど、家へ帰った。


でもねー。
いつもはぐったりで即寝れる私が、あのケヅメちゃんが気になって眠れなかった。(でも寝たけどねw)
朝になってもやっぱり気にかかる。
昼になっても、日が落ち始めても。

夕方になって、ぱぱむんばに言って見た。
これからもっと私も働くから、ぱぱむんばもガンガン働いてくれ、で、家を買おうと。

ぱぱむんばは、決して良い顔はしなかったけれど
むんばが来た当時に使っていたガラスケージを洗って置くと言ってくれた。

その言葉を聞いて、急いでケヅメちゃんがいるショップへ向かった。

もしいなかったら、きっと「いい飼主さんが現れた」のだろうから
あきらめようと思ったけれど、なぜか、絶対うちへ来るんだと信じきっていた。


ショップへ入って、まっすぐケヅメちゃんの所へ行くと
昨日とまったく同じ格好ですみっこにいた。
なんて弱弱しくて無抵抗なんだろう。
この小さい命を守りたかった。
もう一分も待てないと思って、近くにいた店員に「この子見せて」と頼む。

一応、今までどんな状況だったかを聞いて見るが
売れ残ったケヅメのこと、悪く言って売り逃すわけもなく、
体調は良い、餌食いも良い、と並べ立てる。

店員の手の上に乗せられたケヅメちゃんは、よほど怖かったらしく
足を引っ込めて箱になってしまった。
どこがいいんだ、様子見ればわかるだろうと思っていたら
「顔もちゃんと見たいですよね?温浴させて見ましょうか?」という。

顔は昨日からさんざん見ているからかまわないが、今まであんな乾燥し過ぎた
ガラスケージに入れられていたし、とりあえず水分補給してほしかったので
温浴を頼んだ。

そして、信じられないことが目の前で起きた。

温水の出る水道で水温を確認し、プラスティックケースに注ぐ。
一回、プラケを洗ってまたじゃーっと注ぐ。
水深は10cmくらい貯まった。
そうか2回洗ってくれんのか。そうだよな、それ、金魚とかを入れてるプラケだもんな-------------


でもその店員は、水深10センチのプラケに
甲高3センチにも満たないケヅメを放り込んだ。
数十グラムしかない体が、ぷか~っとお湯の中を漂う。

ちょっと!おぼれてる!やめてください!と言ったけど
その店員は、「いいんですよ、こうやって苦しくなったら顔出しますから」
そう言って、でへへへ、でへへと変な笑いをする。

いいからやめてください!このこ、連れて帰りますから!と言って
プラケから出してもらうまで、1分はあったかも知れない。

急いで体を拭いてもらい、うちに無い飼育用品を(店内から)持ってくるから
その間に、そのケヅメを箱に入れてくれと言って
すぐさま、紫外線ライトとサーモを取りに行きレジへ向かう。
支払いして、このままバスで連れて帰って風邪を引かせたらまずいので
タクシーを呼んでもらい、ケヅメちゃんが入った箱を
自分が着てきたカーディガンで包んだ。
もう秋だというのに、このショップはホッカイロもつけてくれない。

タクシーに乗ってから、急に泣けてきた。
安心したのと、あの店員殴ってやればよかったという後悔とで
腹立ちながらまた目に涙が溜まった。

ケヅメのことになると、私、涙腺弱いんだよねー^^;


それから、帰ってすぐ小松菜をあげたらちゃんと食べたので
その日はそれで寝かせる。
もう一回温浴して、出来れば排泄もして欲しかったけど
もう、ケヅメちゃんも疲れきっていると思った。

そして一回だけ、電気を消す前に
そのケヅメちゃんにつけた名前を声を出して呼んでみた。
『モグ』
実はもう前から決めていた。
2匹目をお迎えしたらつけようと思っていた。

ぱぱむんばとは、今日(10/11)は大安吉日だし
いいことあるよってことで、大ちゃんというのもあったのだが
FF信者の私は『モーグリ(Moogle)』を譲りたくなかったのだよ。

でも、とりあえず安心したのでその日はぐっすり寝れた。

あとで分ったことだけれど、モグの大の字でろーんは
狭いケージで過ごしていて歩いたことがあまりないからのようだった。
今では、足も爪楊枝から小枝くらいになったので
ちゃんと卍寝してぴんっと伸ばして寝てる(^ー^)

その後、むんばのかかりつけの先生の所に行って
健康診断も受けた。
経緯を話してみると、ひとこと、
「これから大変ですねぇ。。。でも、ゆっくり育ててあげてくださいね」と言われた。

さぁ、もっと頑張って働かなきゃいけない。
うちに来てくれたモグのためにも、健康に育ててあげなきゃいけない。
責任、重いよね^^;


ひどい尿酸だしまくり状態だったけど
水分を多くあげるようにして尿酸玉も治まった。

検便もして特に問題もなかったので
今ではお休みの日に数十分だけ、むんばと一緒に
特製ビニールカバー網戸ごしに日光浴をさせている。
(後日、ぱぱむんばが写真をアップします(笑))
あとは、ゆっくり鼻炎を治すだけだ。(点鼻薬もすっと吸ってくれるいい子です^^)

来てからしばらくは、モグは顔を見られると
ぎゅっと目をつぶっていた。
ショップにいる間、どれだけの人がこの子を
ガラス越しに眺めていたんだろう。
じっとしてれば、このカメ動かないよとか言われて
ガラスをコンコン叩かれていたのかも知れない。

それも最近、少なくなってきた。
モグにとって、うちがもっともっと安住の場所になれるように。
それが今の所の課題です。
[PR]
by moonba-moogle | 2004-11-21 03:57 | Kame-log

Title

【飛行機に乗って・・・】のTitleどおり、うちのカメさんは
アメリカから空輸されてニッポンにやってきたCBカメさん。

ケヅメだから、原産はアフリカの乾燥地帯。
でも、うちのカメさんは、生まれた所を知らない。


去年の9/23に近くのペットショップで出会った"むんば”は、ガラスケージに全身を擦るようにして
外を見ながら、「出して~出して~!」と言っているように見えた。
なんて元気なんだろーって思った。
そして、やっぱり誰にでもあるように、「目と目が合ってしまった」だよねぇ(笑)
その瞬間、めでたくうちへお迎えが決定しました(^。^)


でも。

むんばをお迎えする前に、いろいろネットでは調べてわかってはいたのだけれど
やっぱり例にもれず、むんばも体調を崩していたのだった。

カメさんを空輸するときってどんな状態で運ばれるか知ってる?

大概は、ダンボールに新聞類をつめて、数十匹をまとめてパッキング。
そして貨物用のカーゴで長時間のフライトを経て空港についさらに検疫に回される。。

飛行機は、大体2Gくらいの重力がかかるようだけど
(ちなみに、ジェットコースターで3G、関係ないけどF1で4G(笑))
人間が感じるGと、ベビーケヅメが感じるGはどのくらい違うのだろう。
車でちょっとスピードを出しただけでも、怖くてむんばは排泄してしまうけど
その恐怖は、どれほどのものだったんだろう。


普通、航空便の荷物でいわゆる物品であれば、4日くらいでアメリカから到着する。
でも、生体となれば、検疫で時間をとられ
受取人となる卸業者のもとへ行きつくまでにさらに閉じ込められた状態が続くのだと思う。

箱の中でごはんも水もなにもない状態、温度だってどれくらい低いんだろう。。。

実際に見た事はないから、断言は出来ないけれど
ひどい状況・扱われ方をしているのは間違いないみたいだ。



むんばはペットショップではとても元気にしてた。
そしてうちへ来てからも、小さな体でえさ皿をかかえるようにして
小松菜をバリバリ食べて、うんぴも小さいながらちゃんとした。

見た目では、「おぉ~、やっぱりケヅメちゃんだねぇ♪」という感じだったけど
なんか変だった。
何が変か、気づくまでにしばらくかかった。

おしっこをしない。してもほんのちょっとだけ。

体重が増えない。ずっと64gのまま。

そして健康診断でいった病院で、脱水症状を起こしているとの診断を受けた。
腎臓があまり動いてはいないのかもしれないと言われた。

人間でも、3分の2腎臓が機能を失えば、腎不全になる。人工透析をしなきゃいけない状態。

でも、甲長6センチのむんばの腎臓の大きさは、米粒くらいらしく
そこへ溜まっていく老廃物(クレアチニン)を出す方法は補液して
おしっこをさせていくようにする以外にないという。

うちから、カメさんを診察してくれるその病院までは
電車でも1時間を越えるし車でも同じくらいかかる。しかも季節は秋だった。

ベビーケヅメを頻繁に補液のために通院させることは
腎臓の治療とは逆にストレスや寒さのダメージを与えることにしかならないから
ビタミンD3入りの注射を2週間に1度打つためだけ通うことにして
点滴パックに入ったリンゲル液と10本のインスリン注射用の注射器をもらい、
うちで1日おきに注射をすることになった。

やり方は、先生に教わったけれど、注射針を腹甲側の手の付け根に刺すというのは
言葉では言い表せないものがあった。

注射針を刺されて痛いのは、むんばだし、つらいのもむんばだ。

でも、注射してる間のむんばはじっとしていた。
リンゲル液を注入すると、付け根が膨れる。
以前、私が入院したときに、造影剤を点滴パック1個分注入されたことがあるけど
あんなに痛くて、気持ちが悪くなるもんなんだろうかと考えた。

カメはつらくても痛くてもじっと耐えていると本で読んだけど、ホントその通りだった。

だから余計に、可哀想なのともっと早くなんとかしてやれなかったのかと
思って、私がわんわん泣いていた。

ぱぱむんばは、そんな私を見て、「注射打つの、代わろうか?」と言ってくれたけれど
カメさんをお迎えしたいと言ったのは自分だし、これからむんばを育てて行く過程で
もっと色々なことがあるかも知れない。
だから、むんばの体が治るまで自分でやろうと思った。


その後、大量の尿酸玉を出しつづけながら、2ヵ月後には少しずつ
体重が増えて来た。
これならもう大丈夫と先生から無罪放免のお達しを受けて
注射生活が終わった。


こうしている今も、どこかの空港の倉庫で
じっと出れるのを待っているカメさんがいるのかも知れない。
その間に、少しずつ、体調を崩しているかもしれない。

飛行機に乗って来たむんばとモグに出会えたことは、私にとってとても幸せなこと。

でも、もうカメさんは日本にいっぱいいるよ。
国内で、新しい命を誕生させ迎えることは出来ないのかと思う。



余談なのだけど、うちではむんばの体重が倍になるごとに
フルーツでお祝いすることにしている^^;
64g→128g→256g→512g。。。bit数で考えればいいので分りやすい(笑)

今は800g前後だから、次回は1024g。
そのころには、むんばの大好きなイチゴ(栃乙女が大好きw)が安くなってるから
内臓悪くしない程度にあげて、またお祝いしてあげようと思ってる。
[PR]
by moonba-moogle | 2004-11-21 00:45 | Kame-log