3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー

<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ぴったり。

b0055276_23542443.jpg


朝ごはんを待つ2カメ。

うはは、ままむんば、おバカだと思われてもいい。

かわいい(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-29 23:56 | Kame-log

1週間分の食餌量

b0055276_20452833.jpg

今日もキコキコ、チャリでカメ野菜を仕入れに市場へ。

なんせ1週間分買わねばいかん。

給料日前でお財布も寒いが、とりあえず冷蔵庫の野菜室&チルドルームは
満杯にしなくてはいけない。

で。
なんと軒並み葉野菜の値段が下がってたヽ(´ー`)ノ

あまりにも嬉しかったので、冷蔵庫にしまう前に記念撮影(笑)

そして内訳は・・・

小松菜1束・100円 × 6束
サラダ菜1袋・100円 × 8袋
ニンジン1袋(4本入り)・100円 × 2袋
マイタケ1袋・120円 × 2袋
トマト半箱(8個)・450円 × 1set

しめて2290円。

これに牧草(1箱500g・1400円)を足して、約1週間分。。。かな?
いや、6日しかもたないかも;;

(あ、トマトは2カメで1週間1個、ニンジンは6本。
さすがに買った分を食べさせたら下痢ですな^^;)
チンゲンサイも安かったけど、茎10cmに対して、葉が5cmなので、今回は見送り。

うわー、まじで助かった。
2週間前はこの3倍だったんだから。
今月のカメごはん代、2万円を超えるんじゃぁないかとヒヤヒヤだった。

これに、カメさんたちだけの光熱費(灯油含む)やおむつ代を加えると
月に4万円ってとこだろうか。
夏だと、光熱費込みでも1.5万円以下だなぁ。
葛と桑とオオバコはタダだもんね(笑)

あー、でもこれで一安心。
ニンゲンは冷蔵庫がカラッポでも、最悪ケータリングとかピザのデリバリーでしのげるけど
カメ野菜はそうはいかないもんね^^

うち、居住人数、2人しかいないのに
425リットルの冷蔵庫なんだけど
そのうち200リットルの容量はカメ野菜だったりする。
でも、このペースで2カメがごはんを食べていくと
いつか、ニンゲンが使える容量は冷凍室だけになっちゃうかも。(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-28 21:15 | Kame-log

家族用コタツ

b0055276_2213258.jpg


今さらビビるわけではないが、、、
写真を見て、むんばが物凄い勢いで育ってるのを改めて実感した。

そういえば、今年に入ってからコンテナ風呂(50×50くらいの正方形)で
対角線上に入れてやらないと、肢が伸ばせなくなってきた。
来月あたりには、100×50の長方形のやつにサイズアップしてやらないとだめかも。

この夏で、甲長40cmか?

いや、あくまでも「甲長」だからね。
アタマと肢は引っ込めた状態なわけだから。

4肢を伸ばしたら、今でさえもう40cmは超えてるんだから
甲長40cmだと、むんばのぐーたらポーズで寝るシェルターは
せめて奥行き60cmは必要ってことか。

もう遠赤外線パネルを設置したケージ、なんて言ってないで
4人家族用こたつを買ってきたほうが早いかも。

こんな巨体のむんばだけど、うちにお迎えしたときは6.4cm。
私の手のひらより小さかった。
今では私の決して細くない(!!!)両腿の上に乗せても、むんばの胴回りがはみ出す。

あ、ちなみに、写真に写ってるのはままむんばの足。
参考までに私の足のサイズは24cmです。
私の足が小さく見える~!(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-26 22:16 | Kame-log
まさにコレ。
b0055276_2314889.jpg

「アタマ隠し用バスタオル」(シェルターカバーの上に更に敷いてる分)を外すとこんな・・・
b0055276_2315971.jpg

そして、抜け出た形のままのオムツがここに・・・
b0055276_2322438.jpg

まぁ、なんて器用に抜け出したもんだ(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-24 23:07 | Kame-log

微々たるもの

ちとカメ話ではないお話を。

我が家の前にある2本の木に、毎朝、野鳥が10数匹くる。
晴れの日も雨の日も雪の日もやって来て、
きれいなさえずりを聞かせてくれる。

いつもその声を聞きながら、気持ちが軽くなるのだけど
昨日、思いがけないものを見た。
いや、知ろうとしなかっただけだ。


わが家の横には、下水に近い川が流れている。
市内の下水普及率は94%。
わが家は、それに含まれない6%の空白地帯。
だから、トイレの排水は浄化槽を通すものの、それ以外はすべて
「垂れ流し」状態だ。
市も下水整備の対処に苦慮していると、フリーペーパーで読んで
市のHPを調べてみたが
やっぱり公道に面していない私有地に建っている以上は
税金では賄えないらしい。
(補助金は出るが、地主の負担が大きい)

いまどき、下水が整備されていなければ
生活排水全てが浄化槽を通るものだと勘違いしていた私は
何の気なしに、合成洗剤を使っていたが
そうではないことを知ってから
洗濯は炭酸塩と重曹、食器・お風呂・トイレに至るまで
全て石鹸で作られている洗剤に換えた。

言うまでもなく、分解率が良いから。
この1年、そう思って使ってきた。

数滴でも油を使えば、お鍋やお皿は油を拭いてから洗う。
うちは二人ともタバコを吸うけど、安全のために水をかけて消火しても
それは流さず、袋に入れて捨てる。

だけれど、昨日、しんしんと降る雪の中で
そのドブ川の両脇にわすかばかりに自生している雑草をついばみ
水を飲む野鳥の姿を見た。

何してるんだろう、私は。
ただただ、そう思った。

でも悲しいことにわが家は集合住宅。
うちがどんなに分解率のいいものを使おうが
隣家と排水の配管を共有している以上、
結局合成洗剤が混じる。
いや、それ以上に、この私有地に住んでいるほかの世帯からだって
流れてくる。

だから、雨の日だけは
ひとりバカみたいに思う罪悪感が薄れる。
雨水が汚い水を薄めてくれる。
そう、勝手に思い込んでみたりする。

引っ越せば、そんなことを思う必要もなくなるけれど
駅まで近いことや、
ドブ川があるおかげで、家の前をさえぎるものがないから
カメ部屋にはサッシ越しながらも太陽が降注いでくれるから
まだ離れたくないとも思う。

では何が出来るのか。
下水を敷設するほどの財力もなし、だ。

大阪の淀川ではないが、話題のEM菌でも撒いたらどうだろうなどとも考えたが
勝手にやっていいもんじゃない。
(でも、市に聞いてみるけどね)

だから石鹸洗剤も減らすことにした。
日中はなるべく排水しない。
昼間働いていいるからほとんど出ないけど。
衣類にしろ、食器にしろちゃんと洗えていればいい。
何も、ぶくぶくと泡をたてる必要も無い。
手あれがするほど洗剤を使ってまで除菌するほど
無菌な状態で私は育ってきたわけでもないのだから。

周りの家にも声をかけることだって必要かもと思ったこともあったけれど
とある友人の話を聞いてやめた。

そんな現実を知ったとしても、割高で少し白残りしたり泡立てるのに時間がかかる
石鹸洗剤よりも、経済的でさっぱり落ちるほうを選択する。
行政が指導するならともかく、そんな話がないのなら労力を使ってまで
やるほど暇ではない。

それが世の中の本音だ。だからドラッグストアでセールをやれば
誰だって飛びつく。

それが悪いことだというつもりもない。
その家庭なりの事情や考え方だってある。

だから、とりあえず私ひとりでやることにした。
でも、個人に問いかけが出来ないなら
行政に聞いてみるまでだ。

隣の人は世間話をしながら私にこう言った。
こんなドブ川、フタして道路にしちゃえばいいのに。

フタをしたらドブ川は見えなくなるけど、
もっと大事なものまでフタをしちゃうことになるよ。
そう思いながら、相槌さえ打たなかったら
怪訝な顔をされた。

いいよ、愛想のないやつだと思って。
協調性が無いやつだと思って。
だけど、フタして今まで家の片方にしか通行人がなかったのに
裏側まで人が通ることになる。
ドブ川があることで守られてる静かな生活まで失うのはどうなの?

きれいな川になれば、誰だってその景色を眺め楽しむ。
汚してしまったものをもとにもどすのは容易なことじゃないけれど
そうしたほうがいいことだけは確かだと思う。

この土地の住宅に間借りしてる私が
ブツブツ言ってるだけかもしれないけど
望んで住んだ場所。
いずれ離れることは分っていても
出来ることはやっておきたい。

大好きな町。海と緑があふれている町。
小さな頃からあこがれて、引越ししてきてなにより
今住んでる市で住所を書くのが嬉しかった。
今の家は離れても、この町でずっと暮らしていけたらと思う。

最初はほんの微々たる物でもかまわない。
いつか良くなると希望をもって進まなきゃいけない。
たぶん、それは、自分自身にもかえってくるものだと思うから。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-23 02:48 | mama_moonba

カメもこたつで丸くなる

今日はお天気。
でも、昨日の雪がほとんど残って気温は低いまま。
カメ部屋の温度も、ちょっと入り口の引き戸を開けただけで2℃くらい下がってしまう。

だからケージのこたつ(遠赤外線パネル)の下で4肢をひっこめてまるくなる。
b0055276_23305649.jpg
b0055276_23311342.jpg

でも、眠りが深くなると、自然に伸びてきちゃったりして(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-22 23:35 | Kame-log

真っ白

b0055276_14182424.jpg

夕べからの雪が積もった。
朝からずっと見ているけど、雪の結晶は小さく軽く粉雪のようだ。
こんな真っ白の窓からの風景は、久しぶり。

こんな日は2カメもおとなしいかというと・・・関係ないらしい(笑)

朝からカメごはんをバリバリ食べ尽くし
とうとう冷蔵庫が、またカラになった。

食べて体を暖め始めたので、しばらく放っておいてたら
・・・むんばホットスポットの下でうんぴをしまくり、ご丁寧に食糞までしていた;;
そして、カメ部屋の低湿度を補うために、多めに水分を取らせていたので
朝、一度しっこを済ませていたのにまた、じゃーっとコップ1杯分くらいの
しっこの海まで出来ていた。

顔中、うんぴまみれなのでとりあえず
コンテナ風呂にお湯を張って浸かっててもらい床そうじ。

ニンゲンのくしゃみと一緒なのかは知らないが、むんばが排泄すると
モグもなぜか出る。
せっかく拭いた所に、モグまでしっこをする;;

なので、モグもお風呂行き。

・・・さっぱりして、おやつのサラダ菜を1株食べてやっと落ち着いたらしい。
b0055276_14331134.jpg
b0055276_14331912.jpg

ぬくぬくですか?

私も掃除と2カメまとめてお風呂という大仕事を終えて休憩。

と、書きながら気付いた。
冷蔵庫のカメごはん、空っぽなんだっけ。
もう10cmも積もってるけど、結局買いだしか;;

でも、窓の外の雪が積もった木には
いつもと同じ野鳥が遊びにきてる。
寒いだろうけど、いつものさえずりがたくさん聞こえる。

毎朝、そうなんだけど私は薄暗いうちに家を出て行く。
最近は、2カメも06:30では起きてくれない。
だから、そんな早い時間でもかわいいさえずりが聞こえると嬉しい。
「がんばって出かけるかぁ」という気になる。

雪だるま並に着込んで、行ってくるか(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-21 14:44 | Kame-log
どーにもこーにも湿度が上がらない。

2カメの就寝用ケージは、横幅130㎝ある。
これの左右それぞれの隅っこに、デジタル温湿度計がついてるのだけど
だいたい右が30%、左が17~8%。
ケージの左側から、エアコンの温風が吹くからこのくらいの差が出る。

去年までは加湿器をつけていたので今年も・・・となるところなのだけど
忘れもしない去年の8月。
関東で震度5の地震があってから、
吹き飛んで凶器になりそうなものを置くのが怖くなった。

あの時は私も夏期休暇で家にいて、部屋の中を歩いてた2カメを
ケージに放り込んだ。
でも、また私がいるときに地震が来るわけでもない。
だから、ケージの上には何も置かず、加湿器をつけてない。

でも、アフリカの砂漠に生息するケヅメでも最低40%の湿度は必要。

じゃぁ、どーするべよとなるのだが
とりあえず日々せっせと洗濯し、カメ部屋に干して湿度を稼いでいる。
それでやっと50%になる。
おかげで毎日仕事をしているにも拘らず、洗濯物を貯めることなく済んでいるけど
それでも、30℃設定のエアコンでは
どんなにいっぱい干しても、4~5時間でカラカラに乾いてしまう。

でも、外出中にタイマーで加湿器をつけてたときも6時間連続運転が
水を入れておく容器の容量の限界だったので、変わらないといえば変わらないのかも。

だからなのだけど、モグが今までキライだったチンゲンサイの茎を食べるようになった。

毎日、結構しっこを出すし(濃度も凝縮されてない。薄め)、すりおろしニンジンやレタスなんかで
摂取水分量としては、足りてると思うのだけどのどが渇くのかなぁ。
さすがに、乾燥しすぎで涙目になってるときは温浴させてしまうけど。。。
やっぱり加湿器を出すべきだよな。
耐震グッズを買ってこないとだめだなぁ。。。

ちなみに、ケージ左右につけてる温湿度計の数字が15%を差していても
ニンゲンの上半身(床上1m以上)の位置は、湿度40%はある。

エアコンで暖めてるから、部屋の上部だけ温度が上がり易いし
床面は、湿度に温度を奪われて冷える。
なので洗濯ものを干したり加湿器をつけて湿度をあげようとすると
やっぱりあったかい空気の有る上部に先に湿気を奪われる。
それでも、なお、エアコンで暖めつづければ床面も暖まるけど
部屋の上部にあった湿気が温度を奪って降りていっても
暖まった床面付近の温度がまた湿度を奪う。
この繰り返し。

床に敷いてるのが、布地ラグマットやカーペット類なら多少湿気を吸うのだろうけど
床に排泄させてるわが家ではそうもいかない。
カメさんのためなら、がんばっていろいろしてやりたいけど
さすがに毎日、風呂場で3畳のラグマットを洗う元気はない;;

極論を言えば、加湿器を床置きにすれば済むのだけど
むんばに倒されちゃうし。。。
サークルで仕切っている2つのケージの間には、30㎝程度の隙間があるから
そこに置くことも出来るけど、そうなると、左側のケージに設置した
ホットスポット用のライトに湯気が直撃する。
左側からエアコンの温風が吹いているから、大丈夫そうだけど
エアコンは自動運転だし、室温が設定温度に達して一時停止したときが怖い。
だから、このプランは却下してしまった。

私が家にいるなら出来ることばかりで、なんとも歯がゆいけど
働いて不在にする以上は、やっぱり安全第一で考えたい。

夏には見向きもしなかった茎を、しゃくしゃく齧ってる。
b0055276_21344786.jpg

齧ったものを舌で巻き取って上手に口に運んでいる。

でも、カメさんって犬とかネコみたいに「舐める」ことが出来ないんだよね。
こうやって写真で見ると、できそうなんだけどなぁ。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-20 22:09 | Kame-log

そっち食べる!

b0055276_232826100.jpg

写真は20:00に撮った「モグ専用スペース」に置いてあるモグのごはん。
まったく手がつけられてない。

こう言うとモグが「拒食???」と思われそうだが。。。
実は「むんばのごはん」をむんばと一緒に食べるようになった。

カメ野菜を食べる前に必ず「すりおろしニンジン」食べてもらうんだけど
そのときは、モグ専用スペースに誘導して、そこであげている。

で、次のカメ野菜も同じ場所に置いて
飼主♂♀は会社へ出かける。

たぶん、モグ専用スペースのサークル越しに
山盛りのむんばのごはんを眺めながら
「あっちのごはんはいっぱい。そっち食べたい!」と思うのだろうな。

それに、入り口もこの前広くしたつもりだったけど
予想以上にモグが大きくなっていて、甲羅が引っかかり始めたから
出入りしにくいのも原因かも。

あ、飼主♂♀の休日は、ずっと見てやることが出来るから
ごはんも2カメ一緒にあげたりしていた。
それを覚えちゃったか^^;

モグが満足ならそれでもいいのだけど
2カメそれぞれが、ひとつのごはんを分け合っているわけだから
夜になるとお腹が空くらしくて、グリーンカラーのシェルターカバーに向かって
「あ~ん(^O^) 」としていた。
急いで小松菜を食べてもらって、やっと就寝。

とりあえず近いうちに、出入り口の高さを上げて
出入りしやすくしてみるか。

でも、ごはんを持っていかれちゃうむんばもカワイソウだったりする。
だってモグは、むんばのごはんに飽きたら自分のスペースに行けば食べられるけど
むんばはお腹が空いても、モグのごはんを食べに入っていくことが出来ないもんね;;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-18 23:53 | Kame-log
明日は用事で会社を休むので残業して帰ってきたのが21:00すぎ。
ついて早々、カメ部屋を覗くと・・・

そこにはオムツの外れた姿のむんばが爆睡;;
b0055276_1532396.jpg

でもオムツ止めビニールテープは外れなかったらしい(笑)
b0055276_1532968.jpg

そして、床には久々のうんぴの海と化した惨状が広がっていた;;
(お食事中の方、スイマセン)
b0055276_1533629.jpg

さすがにでっかい「ブツ」を置いたまま写真を撮るのは憚られるのでそれは撤去済み^^;
b0055276_1534537.jpg

疲れてダルイ体を引きずり、エタノール希釈液を惨状にスプレーしまくる。
そしてメラミンスポンジに水をたっぷり含ませてすみっこからこすり始めた。

中腰のままこすって拭き取りを繰り返すこと30分。
たかだか6畳間に30分。

私がこの世に生まれて30年以上経つけど、人生の中で連続30分の
雑巾がけっていうのはこれしかない。
いや、たぶん、死ぬまでこれしかないと思う;;
大掃除の時だってこんなに拭くことなんてないしな。
それに休日には飼主♂♀も、2カメと一緒にここで昼寝するので
徹底的に拭かなければいかん。
(いや、綺麗な格好して寝るわけじゃないからいいんだけどさ(笑))

・・・・・そう思いながら考えた。

ペットショップでケヅメちゃんのいる水槽の脇に
ベビーケヅメと成体のケヅメの写真を並べて
「こんなチビがここまで大きくなります。」の注意書きをよく見かける。
(ないとこも多いけどさ)

でも、水槽の中のチビチビのケヅメベビーちゃんを見たら
「でかくても何とかなる。愛さえあれば!」
そう思うに違いない。
私だってそのひとりだ。

でも、その写真の脇にわが家の「うんぴの惨状写真」を一緒に貼ったらどうだろう?
<この惨状が週に5回>と書けば完璧。
出来たら、伊豆のアンディランドへ行って、成体のケヅメちゃんの排泄を
直接見るのもいいかも
(↑私も見て確かめてきた^^;ものすごい大量(笑)でも、覚悟は出来た)

少なくとも半分は脱落するんではなかろうか。(笑)

結局、ケヅメを育てる者に要求されるのは
1に体力、2に惨状を拭き続ける根性ではなかろうか。

それさえ乗り越えることが出来るなら、その先にはきっと楽しい
カメさんとの暮らしが待っている・・・・・


あーあ、ろくなこと考えてないな、私も(笑)
でもね、オムツに横漏れガードがついてても漏れるしね^^;
ビニールテープで頑丈に止めてやっても
大量のしっこで膨れて吸収しきれなくなって
ビニールの粘着部分が弱くなって外れちゃうし(笑)
っていうか、たぶん、オムツの吸収体に吸い込むスピードよりも
しっこを出すスピードの方が上回ってるから漏れるのかも;;


さぁ、この春、むんばのオムツが外れなくても
今度はモグが惨状を「作ってくれる番」だ。

モグが4kgくらいになるまでは、オムツはできない。
というか、ニンゲンのあかちゃん用オムツしか使えないから
ある程度、育ってくれないと使えない。

むんばは体重800gまではケージ生活で排泄もケージ内の新聞の上だったけど
モグは400gでケージの外に出した。
むんばの第2椎甲板がぼこっっと出っ張ってるのは、保温の不安から
ケージ生活が長引いたせいで、後ろの2肢を使ってないからだと思う。
たぶん完全な運動不足ではないかと思う。
その過ちを繰り返したくない。

だから、惨状はもっと激化するかも。
むんばより、お散歩の範囲が広いし^^;
まだまだメラミンスポンジさんとはお別れできませぬ;;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-01-17 02:39 | mama_moonba