3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

先週の木曜日、昼頃にぱぱむんばからメールが入った。

「Webカメラが倒されて横を向いている」

私のケータイからはカメラの画像を見ることは出来ないので
ぱぱむんばの続報を待ちながら、定時で会社を出て帰路を急いだ。

この時点で分っていた事は、
 ・むんばの姿が見えないから、おそらく脱走している
 ・モグはサークルの中にいるのが確認できた
 ・カメラが倒れて横倒し状態の映像配信は、昼以降は2回しかなくそれからは真っ黒
  (電源が落ちたかも)

むんばの脱走は3回目。
1・2回目は、サークルのつなぎ目のカラビナ金具の止め位置が悪くて
そこをこじ開けて脱走。

今回もそうなのだろうか。

でも、部屋のサークルはたまに洗わなきゃいけないので、完全固定には出来ない。
ねじ止めをつけて外してを繰り返していたら、ケージに固定している部分がだめになってしまう。
こういうとき、賃貸住宅の悲しさを感じるな。
持ち家だったら、柱にガッチリ止められる金具をずらっとつけて
サークルをつなげる金具を増やせるのに。
いや、持ち家なら、サークルなんてつけないで、壁の床上50cmまで
4面全部ステンレス板でも打ち込んで貼ってしまうだろうな。
ドアにも貼っちゃうから、出入り口はそこだけ、もうサークルなんてものはいらない・・・

なんてことを考えつつ、恐る恐る玄関を開けた。


やっぱり30cmを超えたケヅメさんは侮ってはいけない(笑)

玄関は傘立てが倒され、靴が散乱。
なぜか、私のバックバンドのサンダルは冷蔵庫の前へ・・・
b0055276_1184156.jpg

ごみ分別ワゴンはあらぬ場所へ動かされ、とにかく比較的軽いものは
すべて動かされていた。
ぱっと見たところ、むんばの姿はなかった。
でも、サークルを広げて脱出したのなら戻ることは出来ない。
そしてカメ部屋は・・・・・
b0055276_1184947.jpg

とりあえず、うんぴをコネコネフミフミして、暴れたらしい。
むんばを探しながら、脱出口を探す。
一番怪しいのは↓(この写真とひとつ空いてその下のカメラ本体写真は以前に撮ってあったもの)
b0055276_1185785.jpg

このサークルのつなぎ目をぐっと持ち上げて抜けたのか?
b0055276_119475.jpg

でもおかしい。ここから抜けたのなら、むんばは一度窓(カメラ本体写真の奥)のほうへ行っている。
ドアは開いた状態だったから窓に寄り道せず、外へ出てしまうのじゃないだろうか。
b0055276_119217.jpg

暴れてめちゃめちゃにした所を、順番に探して、やっとむんばを発見。
となりの部屋の私のデスクの下で眠っていた。
むんばをケージに戻し、とりあえず片付けを始める。
よくよく見れば、カメ部屋を出てダイニング・居間、寝室すべてに行ったらしく
畳の上にうんぴの足跡がぽつぽつ・・・・・
あぁぁ、畳もかよ;;年末の大掃除なみだよ・・・
(ちなみに掃除は3時間かかった;;終わったの、23:00だよ;;)

そして、ボロボロのペットシーツを発見する。
b0055276_1192824.jpg

うちは、6畳の洋室をカメ部屋にしているのだけど、ここは木材のフローリングではなくて
クッションフロアマット(柔らかい防水マット。最近のアパートはこれが多いね;;)。
うんぴをオシメが外れてしまえば、床にダイレクトにされてしまい、いくらエタノールで拭いた所で
色素が染み込む(1ヶ月くらい拭き続ければ取れるけど)。
最近はそれに輪をかけて、むんばたちの爪がめり込むので、
クッションフロアマットの上に、3畳のビニールラグを2枚敷いていた。
で、その2枚の境目はどうしてもカメ部屋の真中付近になるので
そこに大量のしっこをされると、結局その下に染み込んでいく。
なので、2枚の重なり部分にだけ、ペットシーツを隠して敷いてあった。
(ちなみに端っこを捲られないように、サークルについてる木の柵を乗せている)

が、むんばが脱走してサークルの外側を通ったから、柵がずれてマットが捲れてしまった。

むんば、ペットシーツ食ってないだろうな、と思いながら振り返ったら
モグの口からでろ~んと細いヒモが・・・・!

やばいと思いつつ、ゆっくりと引っ張ると幅4ミリ程度に裂かれたペットシーツの切れ端が
長さ30センチほど、するすると出てきた;;
b0055276_1193677.jpg

このうち10センチくらいは食道に到達していたのだけど
長すぎてのみ込めなったらしく、口から切れ端をぶら下げた状態だった。
飲み込まなくてよかった;;;

そして床をせっせとこするままむんばを頭だけこっそりだして観察するむんば。
b0055276_1194469.jpg

いろんな物をなぎ倒して行ったけれど、怪我ひとつなかったので良しとしよう(笑)
部屋のあちこちを歩き回っているむんばを想像すると
きっと楽しくて仕方なかっただろうなとしか思えない。

普段、飼主♂♀が会社に行ってる間、
サークルの中から窓ごしの空を眺めてるむんばとモグが
ちょっとだけ、不憫になった。

やっとケージの中から出てきたむんば。やっぱり食糞つきですな。この後お風呂直行!
b0055276_1195637.jpg



さて。
いつもなら、ココで室内ぐちゃぐちゃレポートは終わるはずなのだが
今回は、「どこから脱出したか」が完全に解明されていない。

サークルの入り口を持ち上げて出たのならば、カメラという障害物があり
かつ、細い通路を通って窓へ行った理由がわからない。
でも窓の脇は絶対に通った。
それは上の室内全景ぐちゃぐちゃ写真の左端に映っている
黄色っぽい板状のものが動かされてることから明らかだ。

これは何なのかというと、「すきま風止めパネル」(ポリウレタン製)
冬にこれを窓のところに置いておくと、床面へ流れる冷たい空気がシャットダウンされる。

いくら、エアコンで暖めつづけても、サッシの窓のすきまから
どうしてもひんやりした空気は流れてくる。
(だから、部屋の上部と下部の温度差が激しくなってしまう)
ホームセンターで見つけて(980円)置いてみた所、効果抜群。
L字型に折り曲げて置いておくだけで、とっても便利!

・・・と、話がそれすぎたけど、これを持ち上げて通っている。
でも部屋を眺めても、それらしきところが見つからない・・・・





カメさんは学習能力がある。
それを忘れていた。

むんばが必死で抜け出すのを、モグはじーっと見ていたのだろう。
b0055276_11101231.jpg

疑問はあっさり解決した(笑)こうやってケージとサークルを止めていた
結束バンドを外し、窓の脇を通って出て行ったのだ^^;
b0055276_11102492.jpg

まだ2kgの小さい体ゆえ、これ以上木の柵を持ち上げることが出来ずはまっていた。
b0055276_11103029.jpg
b0055276_11103852.jpg

はまってどうしようもなくなって、とりあえず休憩してるらしいモグ。

やっぱ、たくさんお散歩しないとつまんないよな;;

というわけで、これからお散歩に行って参ります(笑)
もちろん、帰ってきたら、サークル止め強化も。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-30 13:37 | Kame-log

体重測定20060723

またまた忘れてた体重測定;;

でも、昨日はお散歩に行って走り回ったし
うんぴもしっこもしまくって、お腹スッキリ(*´Д`)状態。
むんばを抱っこしても、重くなったなぁという気も大してしなかった。
対して、モグは甲羅も大きくなった気がする。
いつものごとく、ちょっとドキドキしながら身体測定開始!
b0055276_21424848.jpg

とりあえず、ひっくり返さないで乗せて見たけどデジタル表示がブレる・・・
仕方ないので、またひっくり返してガマンしてもらうことに・・・
b0055276_21425682.jpg

が。
表示はEEEE。Errorだ。
b0055276_2143480.jpg

ということは2kg超え。むんば共々、ニンゲン用タニタの体重計に乗せて測ってみた。
b0055276_21431216.jpg

ついでに、甲長も。
モグはスケールを甲羅に乗せたら「きゅぅっ」と引っ込んでしまったが
むんばは「ヘ」でもないらしく、アタマだけ「引っ込めといてあげるよ~ん」ってな様子で
測られている間、立ったまま静止しててくれた(笑)

ということで。

むんば(2歳10ヶ月)
 体重 : 7,000g (6月からアップ無し)
 甲長 : 36.5cm (4月から5mmアップ)

モグ(1歳9ヶ月)
 体重 : 2,200g (6月から358gアップ)
 甲長 : 22.5cm (4月から5mmアップ)

おー。
むんば、ベビーの頃の成長が止まったとき以来のアップ無し。
でも、どこか悪いわけじゃないし、今まで急激に大きくなってきたから
小休止というか、これが普通かも(笑)
モグは、まだ片手で余裕で持ち上げられるけど
本当にずっしりしてきた感じ。
甲羅も一回り大きくなったかも。私が手のひらを大きく広げても
甲羅の大きさがはみ出すようになった。

そういえば、昨日のお散歩でもむんばより走り回ってたな。
いつも1時間~1時間半くらいお散歩するんだけど
大体それくらいの時間で疲れ始めるので、連れて帰る事になる。
でも昨日は帰ろうと言っても、頑として、キャリーに入ろうとしなかった。
なんかいつもより興奮して遊んでたのかも。
でも、そのくらい元気でいてくれるのは嬉しい。

b0055276_21432436.jpg

体重を測り終わったむんばさん。
でもね、横幅はどう見ても増えてるよな。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-23 22:10 | カメさんの健康
この前のお休みに摘んできた野草。

オオバコ・クローバー・葛の葉

2カメとも快食・快便になりました。
形はともかく、軽くて良いうんぴを「毎日」しております。(’A`)・・・掃除が・・・(笑)

下痢の日々がウソのよう。

「リクガメ」「下痢」「便秘」 で、このブログに辿り付いて下さったみなさま。

水分の取りすぎ・寄生虫・運動不足・日光浴不足などの原因を取り除き、
かつ、病院へ行っても治らないという場合には
ぜひ、オオバコをあげてみてください。
ニンゲンにも成長整腸効果の高い植物ですし、効果は抜群です。

あ、オオバコ摘みながら、カメさんとお散歩すれば
一石二鳥ですな^^
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-21 00:35 | カメさんの健康
最近むんばが甲羅アタックするようになって
(主なアタック先はままむんば)
むんばが成長したと同時に、モグにアタックしないかと内心ヒヤヒヤしていた。

それ以外にも、シェルターの奥で寝ていたむんばが
出入り口を塞ぐようにして寝てるモグを乗り越え、踏んで歩いたりして
モグの鼻を擦りむかせてたりもした。

2カメのスペースを区切ることも考えたけれど
2カメ同士が後をくっついて歩き、一緒に寝ているのだから
分けても仕方ないと思ったし、気をつけながらモグがむんばの大きさに追いつくことを
待つほか無いと思っていた。

が。
意外なほどすぐにあっさり、その心配も無くなった(のかなぁ・・・)

よくぞデジカメで撮れた!と思ったこの写真。


モグがむんばに「ぱこん!」と甲羅アタック。

(ガツン!ではありません(笑))
b0055276_20421918.jpg

そして、そのままずりずりとむんばの腹甲の下に入り込み、
むんばを持ち上げながら、くぐっていったのだった^^;
b0055276_2042315.jpg

↑は、くぐられた後、よろっとしながら体勢を直し歩き出そうとするむんば。
(この後、むんばがモグに向かっていくようなことはなかった)

2kgのモグが7kgオーバーのむんばを持ち上げたよ~と
しばし驚嘆にくれたが、まぁ、とりあえず、むんばに乗っかられても大丈夫なことだけはわかった。

どのくらいの頻度でこうなってるのか、正確にはわからないけど
向かっていく元気があるのなら、それほど心配しなくてもいいのかも。
以後、継続して様子見・・・
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-18 21:21 | Kame-log

気温35℃

アップする順番が逆になりましたが・・・

7/15(Sat)はこれが猛暑か!と思うほどの暑さ。
でも、室内だしな、と思いながらエアコンは一切つけずにいたら
ただ座ってるだけで汗が流れる。

カメ部屋もここぞとばかりに除湿もつけず、さて日光浴しようかね~♪と
むんばたちを見に行ったら、温度計がすごいことになっていた^^;
b0055276_20284431.jpg

カメ部屋の窓を開け放ち、小型ファンもまわして風通しをよくしてこの温度。
(っつっても、風は無風に近かった)
それじゃあ、外はやばいだろーと思ってたら
案の定、防災放送で光化学スモッグ警報が流れた。日光浴中止。

さすがにむんばもへばってて、だら~んとしたまま動こうとしなかった。

暑いよ;;
b0055276_2028535.jpg

暑い!!!
b0055276_2029515.jpg

むぅ~;;
b0055276_2029149.jpg

それでもモグは、タオルにくるまって寝コケておりましたとさ;;
b0055276_20292796.jpg

結局、この後2カメには水分補給のトマトを食べてもらってしのいでもらいました^^;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-18 20:41 | Kame-log

今年最初のお散歩

一昨日は35℃を越える気温と光化学スモッグ警報が出た我が家の地域。
泣く泣くお散歩をあきらめた。

昨日は、一昨日のハマスタ観戦で応援しすぎで熱中症一歩手前のぱぱむんばだったので、またも断念(笑)
(ままむんばもハマスタ行ったんだけどさ(笑)とりあえずひとりでチャリをキコキコ漕いで、とりあえず公園の下見&オオバコ摘みに♪)

そして。
3度目の正直で、公園に!

今日は朝から曇り空。家の中にいると涼しさを感じる位だったけど
午前中に買い物に出たら、軽く汗ばむ気温はあったので、予定通りお散歩へ。
b0055276_162539.jpg

最初はキャリーバッグのカバーを開けても、なかなか外に出ようとしない2カメだったけど
だんだん去年のことを思い出したのか、むっくりと立ち上がって・・・

・・・歩き出した?、いえ、食べだした(笑)
2カメの歩く所、道は作られる。

モグ。
b0055276_1621563.jpg

むんば。
b0055276_16212079.jpg


そんな合間に、ままむんばは昨日の分に追加するべく、せっせと野草摘み。
b0055276_1623162.jpg

実は今日も怪しまれた(笑)
ビニール袋に剪定バサミだけ持ってウロウロしてたらしょうがないかな;;

むんばとモグを散歩させるとき、この広場と、もう少し奥に入った田園脇の広場の2ヵ所に
交互に連れて行くのだけど、葛の葉は奥の広場しかないから
2カメをぱぱむんばに任せ、ひとりテクテク行ってきた。
b0055276_16231155.jpg

これで、半分。
冷蔵庫の野菜室100リットルのうち、70リットルを野草で埋めることができた。
市販野菜と生牧草と野草、今週からは栄養たっぷりのカメごはんになるなぁ。
葛もバリバリ食べてもらって、クチバシも削ってもらわにゃ。

出来たら9月末までの毎週末、こうしてお散歩して今よりももっと健康になってもらって
ついでに野草をたくさん摘ませてもらって、お財布を助けてもらえるとありがたい(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-17 16:36 | Kame-log

小田急のCM

今、小田急ロマンスカーのCMよくやってますよね。

3年前から、あれを見て気になってしまったものが・・・

そう、バックに流れてるCMソングです。

「ロマンスをもう一度」(ロマンスカーHPでCMがアップされてるのでそこでも聴けます。)

♪あなたは今どの空を見ているの~ 虹の向こうの遠い日を見ているの~♪
♪水平線がゆっくりとひとつに重なれば~♪

ってやつです。

今のCMは、同じ曲を3代目の方が歌ってるんですが
私は初代の葛谷葉子さんが歌ってるバージョン(小田急HPのCM集2002年バージョン)が大好き。

同じ女性だけど、なんともいえない優しくて透明感のある声がヨイです。


ところがこれが非売品。
主に小田急のキャンペーンクイズの賞品にされたりしてるそうです。

でもさー、普段JRだし、藤沢なんて滅多に下車しないし行かないから
今年、キャンペーンやってることすら知らなかったです;;

知ってたら、ハガキ100枚くらいがんばって書いたのに・・・

「たのみこむ」にもリクエストがあったから賛同したけど・・・まだ賛同数が足らないかな・・・

やっぱ小田急にメールでも出してみようかな。
いろいろ見てみたら、メールとか電話してる人も多いみたいなんだけど
いつも小田急の回答はつれないらしい。
でもダメモトで送ってみよう。
受注販売とかだめですかね?(笑)
なんなら、普通のCDは2曲入り(カラオケとかインストは除く)1,000円ですけど
これなら1曲1,000円で買います。
いや小田急のHP限定で、1曲1,000円でダウンロードでも買う、買います、買わせて頂きます!・・・


CMソングなんで、着うたは出てたのでダウンロードしました。
でも、本当にCMで流れてる分だけ。(しかもショートバージョン)

手に入らないと思うと余計にほしくなるなぁ。

って、それは小田急のキャンペーン戦略勝ちですか?
いつかちゃんと箱根に行くのに、藤沢からロマンスカー乗りますから~。
いや、なんだったら藤沢から新宿に戻って、新宿発の箱根行きロマンスカーにのりますよ?(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-16 22:50 | mama_moonba

検索ワード

エキサイトにアクセス解析(モドキ?)がついて、いったいご来訪者は
何を目的に来てくれてるのかがわかるようになった。

以下、今月に入ってからの検索ワード抜粋。
やっぱGoogleが多いんだなぁ。

3位 カメ 食糞
4位 ケヅメリクガメ 下痢
6位 リクガメ 排泄 気持ち悪い
10位 サルモネラ菌

検索ワードは、その時点でのベスト10が表示されるんだけど
やっぱ排泄関係なんだな(笑)


食糞?しますよ、年中。
やっぱ、未消化で野草なんかが排泄されると、その匂いがわかるから
すぐ食べようとしますです。
いや、うちが多いだけなのかもしれないけど;;
おしめしてたって、それを器用に外して、食糞されたことなんてもう数えj切れないくらい。

少々食わせすぎれば、すぐに下痢。
水分取らせすぎても下痢。
お腹にギョウチュウなんかの寄生虫類がいたって下痢。
ついでい、腸内常在の原虫(人間でいうところの悪玉菌のようなもの)が免疫で抑制できなくなって暴れだしても下痢になる。

あ、運動不足になると今度は便秘。
出すまで、カメさんだって苦しいから、「ぅがー」とか「くぁー」とかいきみながら
ふんばることだってある。(そうさせちゃいけないんだけど;反省、です)

“6位 リクガメ 排泄 気持ち悪い ”
不謹慎(?)ながら笑ってしまいました^^;
そりゃあ、気持ち良いもんじゃないもんね。

だけど、リクガメ、特に大型種を育てるのは
赤ちゃんを世話するのと同じだって思う。
自分じゃトイレにいけないんだから。
排泄してくれるだけで十分・・・とは言わないけどさ、
ちゃんと排泄してくれるのは健康な証拠だし。
排泄が停滞したら、やっぱり心底不安になるなぁ。どっか具合、悪いんじゃないかって思っちゃう。

糞の臭いも人間よりは臭いませんです。(笑)
だって草食だし。
パンダのようにいい「匂い」ではありえないけど(笑)

毛ももちろんないから、いわゆる「獣臭(?)」もないです。
お湯だけで洗ってあげれば、なーんの臭いもしません。
顔を近づけて、鼻すりすりすると、野草の匂いはするけど^^;

ようは人間が、清潔にしてあげれば、解決してしまう問題じゃないのかな。

うちはケージじゃなくて、部屋飼いしてるので
毎日、6畳間を雑巾がけしなきゃいけないんだけど
水ぶきで十分きれいに出来ます(糞を漏らされた時は、エタノール希釈液をしゅっしゅと撒いて拭き掃除してますが・・・)

体力的に毎日拭き掃除はきついけど、慣れてしまえば
「日課」と思えるので、精神的にはラクになる・・・かも^^;

あ、夏場になったのでおそらく話題になりやすい10位のやつは
↓をクリックして読んでくださいね。
カメさんに耐性があるっぽいのはもちろんですが
ではどうやってサルモネラ菌による食中毒が発生するかのしくみなんかを
いろいろ調べてまとめてみました。

サルモネラ菌

カメさんと暮らす上で、人間側から見るとめんどくさい排泄処理や
こわいかもしれない細菌があるけれど
それもこれも、カメさんを育てるなら、人間がうまく対処していくものだと思うのです。
いや、カメさんだけじゃないんだけどさ^^;

でも、それ以上に、毎日少しずつ接して、
お互い通じ合えるものが見えてきたら、それを全部忘れてしまう瞬間もあります。

いろいろなところで、いろいろな人が
これからも、一匹のかわいいカメさんと出会いお迎えされていくのかもしれません。

どうぞ、たかが爬虫類、と、思い込まないで
のんびりゆっくり、向き合ってあげてくださいね。

(って、私が、「えー、カメ?!」とか、よく人に言われるんだけどね(笑)かわいいぞー!(笑))
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-12 01:09 | mama_moonba

Best shot!

b0055276_0224291.jpg


ぱぱむんば、持病再発により今日は会社お休み。

病院へ行く前に、ちょこっとだけ2カメを日光浴させたんだそうだ。

その後、シェルターで満足そうに休憩してるモグたんをパチリ。

飼主♂♀にとっては、これはかなりの「らぶりーShot」

モグもだんだん表情が出てきたかな(^-^)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-12 00:27 | Kame-log

むんばの目

ずっと前にカメさんの視界について書いた。

顔に対して、鼓膜よりについてるカメさんの目。
問題は、左右の目の視点が対称になっていないことだった。

以前にも掲載したむんばの写真を見てほしい。


赤い点線がむんばの視線。
あくまで黒目(瞳のメラニン色素で覆われてる部分)から直線を引いた線でしかないので
厳密に言うと、瞳孔(光などの視覚情報の入り口のこと)の方向を指したものじゃない。

だけど、明らかに左右の目の視線がおかしい。

普段、むんばに接している分には、何の違和感もなかった。
もちろん、それは、動いているむんばを観察しているだけなので
むんばの顔が動けば、目も動くから見つけてやることは出来なかった。


異変が分ってから、次回、かかりつけの病院へ行くことがあったら診てもらおう。
そう思っていたのだけれど、喜ぶべきことに、診察を受けなければいけないような事態には陥らなかった。

そして、先日の下痢が続いたときにまず検便をして
診察が必要かどうか指示を仰いだら、単なる過食でそれもなくなった。

仕方なく、状況説明で上手く伝えられるかわからなかったけれど
目の事を聞いてみた。

おそらく、と前置きした上で、視力が悪いのだろうという。

端的に言ってしまうと、Captive Breeding いわゆるCB繁殖個体は
遺伝子劣化のようなものがあって、どこかに欠陥の有る子が生まれることもあるそうだ。

それが、むんばの場合には目に出たのかもしれない。

ではどう処置すべきかといえば、何もない。
あたりまえだけれど、眼鏡をかけてやるわけにもいかない。

そうなればもう、私がむんばの生活し易いようにサポートしてやるのみだ。

そして、不都合なことがあったら一緒に練習してやればいいんじゃないのかと思った。

たとえば、カメごはんを置いて、むんばを呼んでも
見当違いの方向へ向くことが有るから、鼓膜で名前を聞き取って振り向くまで辛抱強く待つ。
こっちを振り向きかけたら、野菜の緑が乗っているお皿を見せてやる。


・・・そんなことをずっと続けてきたら、反応が早くなった。
目だけで見るのではなくて、(耳も鼓膜を通して聞くからそんなによくはない)声や物音を聞いて
総合的に判断してくれるようになる。
だから、ごはんで呼ぶと、ちゃんと来てくれる。
何でもやってみるものだ。

脳みそ、ちいちゃいけれど
ゆっくり何度も繰り返してやれば、ちゃんと覚えてくれる。
ちゃんと反応してくれる。

これからもっと大きくなれば、いろんな変化があるのだと思う。
でも、カメさんだから、とあきらめないで
少しずつ辛抱強く、ルールを作ってやれば、応えてくれる。

こちら側の意思が相手に通じたとき、それは何ものにも代え難い喜びが生まれるものだと思う。
だから、長い年月を一緒に暮らしていこうって思えるのかもしれない。

むんばの目について不安を持ってから
少しだけ、体に欠陥がありそうということに「かわいそう」という感情を持った。

でも、それがあったことで
もっと、むんば自身のことをちゃんと受け止めて
考えてやれるようになった気がする。

むんばが出来ないことがあったら、サポートしてやる。
ニンゲンでもあたりまえのことだけど、対カメさんとなれば
その生態ばかりを考えて、何でも溺愛してやってやることばかり考えていた。

でも、カメさんだって学習できるし
何より、ちょっとずつ覚えたことを、素直に体現する。
そこまでの道のりは少しばかり長いけれど
それは、長生きカメさんのことだから
付き合う時間はたっぷりある。
これからも、それを楽しみながら、一緒に生きていければいいな。
b0055276_2321137.jpg

[PR]
by moonba-moogle | 2006-07-06 23:22 | カメさんの健康