3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー

<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

イヌ5万匹を処分、狂犬病予防で 中国・雲南省:CNNニュース

今現在、中国雲南省で狂犬病による人的被害がが多く発生していることを受けて
中国政府が、(軍用犬・警察犬を除いて)無差別に犬を捕獲・殺害しています。

野良のワンコはもちろん、人がペットとして育てているワンコも
散歩中に飼主から引き剥がされ、その場で撲殺されたりしています。

中国政府が布令を出してからわずか数日間で5万頭以上もの犬が無慈悲に殺され、
今も50万頭もの犬が現在同じ運命を待っています。


もともとの狂犬病被害の拡大の原因は、飼主の予防ワクチンの未摂取が多いことが挙げられます。

日本では、家畜伝染病予防法が発布されて、飼い犬さんには
ワクチンの接種が義務付けられ、1970年以来、感染例はありません。

中国では、まだ法整備も行われておらず、このような事態に至っています。

本来ならば、即座にワクチン接種を行政主導で行うべきものであるのですが
それよりも前に、無差別に殺して殺して、排除するあまりにも残虐な行為が罷りとおっています。


狂犬病は、発病すれば、治療法はなく致死率100%という怖い病気ですが
感染だけであれば、定期的なワクチン投与で発病を抑えることが出来ます。

ワクチン投与自体に拒絶反応を起こして、死亡する|例もありますが
(下記:日本でのワクチンについてもお読みください)
それでも、未感染の罪のない犬たちが、ニンゲンの横暴により殺されて行くのであるならば
まず、ワクチン投与を行うことがキ先決であり、のちのちの撲滅につながる道となるはずです。

一刻も早く、この横暴を中止させなければいけないと思います。

下記サイトで、中国政府に対する中止要請の署名を行っています。
署名のサイトは英語ですが、入力必要個所の記入だけで簡単に送信できますので
ぜひ、ご協力ください。
(日本語のサイトもありますが、署名そのものは英語のサイトです)

事前に書きますが、日本語の翻訳サイト および 英語の署名以外のトップページには、犬たちが捕獲され、首をしめられ苦しむ姿や、
ショベルカーでゴミと一緒に捨てられていく悲しい画像があります。


この悲惨な現状を、しっかりと見て知って頂ける方は
下記の日本語サイト経由の「署名はこちらから」のブルーの部分より英語署名サイトにお進みください。

中国の犬殺害を終わらせよう。(Help Animals)

画像を見るのが怖い、でも・・・と言う方は、直接英語署名サイトにも行けますので
下記をクリックしてください。このページには悲しい写真はありません。

Demand Change From the Chinese Government!(Help Animals)

(署名ページの右下の*マークの所、E-mail/First Name/Last Nameを入力しSend This Messageボタンを押せば送信完了です。)

ひとりでも多くの賛同が、世界を動かし、そして中国政府の無謀な政策を止めることにつながります。
ぜひ、ご賛同をお願いします。



【日本での狂犬病とワクチンについて】
日本では、犬に対して毎年狂犬病のワクチンを義務付けていますが
本来、ワクチンの効用年数は3年です。
狂犬病根絶国の日本ではありますが、毎年のワクチン接種で拒絶反応を起こし
死亡している犬も多くいるそうです。

日本では、国内で飼育されている犬全てに接種義務がありますが
狂犬病そのものが根絶している現在、その流入経路は輸入されてくる哺乳類によるものだけです。
ですから、輸入時の検疫という水際で抑えることが可能になっているともいえます。

狂犬病といっても、犬だけの病気ではありません。人畜共通感染症です。
発病後、意識混濁を起こし、噛み付いたりする行為からそう呼ばれていますが
正確には、ニンゲンから動物へも感染する病気です。
(その他、ネコ・アライグマ・ネズミ・コウモリなど恒温動物間で発病します)
そして、血液感染の病気ですがこれも正確には、「唾液」感染であり、ニンゲンのエイズ感染と同様です。
ですから、噛み付いたから感染するという表現をされますが、唾液を傷口に付着させることでも感染します。
感染している人間・ネコなどの唾液が切り傷などに付着しても起こるわけです。

噛み付く=犬という安易な表現で、この病名が出来たわけですが、
それだけではないのだということを、この機会に知って頂ければうれしいです。

また、数十年前までは、狂犬病ワクチンの原料として
ウサギなどの脳組織を利用していましたが、それによりワクチンを投与された側に
副作用が多数起こりました。
今では、組織培養のみのものに切り替えられその数も減少していますが
動物を殺して、その組織を薬剤として投与することは、今後も考えていかなければいけない問題なのではないでしょうか。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-28 01:12 | mama_moonba

今度は反対側

昨日の朝、カメごはんを食べさせ
しっこ・うんぴの掃除もして、さて、ニンゲンも一息つくかぁ!と思いながら
カメ部屋を出ようとしたら、床になんか落ちていた。

(・_・?)

と拾い上げてみると、前にも見たトゲトゲ・・・・・
しかもまだ、乾いてない血がついていた。
b0055276_1936487.jpg

とりあえず、むんばの肢を見ようと追いかけたけど
暴れて見せてくれない。
しゃーないから、ひっくり返してついでに記録のために写真をとる。

今度は、前回と反対の右肢。
b0055276_19365875.jpg

結構血も滲んでるんだけど、ティッシュで軽く押さえて見たらそれ程でもなかった。
イソジンが無かったので、そのままクイックストップをちょんちょんとつける。

マキロンつけちゃおうかと思ったけど、過酸化水素水はしみるもんね;;
傷口触って暴れてんのに、それは可哀想なのでやめておいた;;
b0055276_19371231.jpg

乳歯がきれいに抜けたときみたいな取れ方。
b0055276_19374117.jpg

とりあえず、イソジンを購入してきた。
これならしみないもんね。
これから、モグもあちこち傷だらけになっていくだろうから
持っておくと安心かも。
b0055276_1937507.jpg

しかし、発見したのが私でよかった。
ぱぱむんばなら、トゲトゲがぷらーんと外れただけで大騒ぎだったし
血を見て卒倒してたかも(笑)


さすがにバンドエイド貼るわけにもいかなかったし
お天気も良くなかったから、無理してお散歩には行かなかった。
かわりに、カメ部屋でまったりしてるむんばの隣にクッションを置いて
一緒にお昼寝した・・・つもりだったんだけど
図らずも私ひとりが爆睡してしまった;;

はっと気付いて起きたら、むんばは自分のお布団(シェルターカバーにくるまって)に入って
ままむんばをちらっと見た後、大あくびをしていた;;

来週は、傷口もちゃんと固まってるからお散歩行こう;;
今度はお昼寝する前に・・・
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-27 20:19 | カメさんの健康

夜と朝

b0055276_0254719.jpg


21:00にはホットスポット&UVライトの灯かりも消えカメ部屋は真っ暗になる。

飼主♂♀ともに、今週は仕事で帰宅時間が遅い。
真っ暗なカメ部屋の戸を、そーっと開けると
いつも2カメはくっついて寝ていた。



朝、カーテンを開けると
ポテポテ2カメはおきてくる。

むんばに声をかけながら、おしめをつけていると
モグは必ず私の足に甲羅をぺたっとくっつけにくる。

ちょっとの時間しか見てやれないけれど
顔を、目を見ながら、いつも以上にいっぱい声をかけることにした。

とりあえず、明日で遅い帰宅は終わる。
土曜日は、遊ぼうな;;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-25 00:42 | Kame-log

ごめんね;;

ままむんば、やっぱりダウンしちゃったので
今日のお散歩は見送らせていただいた;;

なんちゃってウッドデッキでは、2カメとも3回ずつ日光浴したんだけど
やっぱ、いつもの野草いっぱいの広場がいいよねえ・・・


今日は行かないの?なんで行かないの?と、窓の外に顔を向ける2カメ。
b0055276_194033.jpg

モグは16:00頃には、あきらめてくつろぎ始めた。
b0055276_195474.jpg


こちらは、むんばさん。
最後の最後まであきらめられなかったらしい。
窓越しの夕焼け空を眺めながら、黄昏てました・・・
b0055276_1101487.jpg


ごめんね、来週末はちゃんと行くから。
いつもの倍の時間、遊べるから~~~;;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-21 01:16 | Kame-log

たまには違うお散歩も。

ままむんば体調不良のため、本日予定していたお散歩を明日に延期;;
(って、夜にハマスタ行くので、体力が持たないと思ったからなんだけど^^;)

ということで、ぱぱむんばがせっせと
なんちゃってウッドデッキでお散歩させて、
ついでに先日の大脱走以来の、ニンゲン部屋散歩をさせていた。
特にニンゲン部屋散歩は、むんばとしては楽しかったらしくて
居間でお昼寝していたままむんばの横を、軽快に通り過ぎていった^^

ちなみにモグは、居間ではなく寝室の方へ自分から歩いていったらしい。
途中にあった姿見(1.5Mくらいの大きな鏡)の前で立ち止まり
しばらく自分自身を凝視した後、何事もなかったように、またほかの部屋へ歩いていった(笑)



なんだかんだで、(もちろん、今日の高い気温も手伝って)結構疲れたらしい。
b0055276_0303729.jpg

シェルターカバーからひょこっと出した肢もノビノビ。
b0055276_0304489.jpg

さて、明日こそ本当のお散歩へ行くか!
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-20 00:59 | Kame-log

ぷちっぷちっ

夏はモロヘイヤが安い。
2カメも葉野菜の中ではいちばん大好き。

ということで、よくモロヘイヤを買うことになる。

でも、これをカメごはんにするのが、正直めんどい;;

モロヘイヤ、1袋に何本の枝が入っているかは数えたことは無いけれど
その枝についてる葉を、私は親指の爪で一枚一枚ぶちっぶちっとちぎっていく。
b0055276_05429100.jpg

これで2袋分。
ぬるま湯で洗って、こうしてタッパに入れて冷蔵庫へ入れて、前日から用意しておく。

(翌朝はざっと湯沸しのぬるま湯に通して、常温に戻してからあげてます。でないとまた下痢するしね^^;)

最初にモロヘイヤを茎からちぎったとき、「なぜ、茎から葉を離してあげなければいけない」のか知らなかった。
いろいろ調べたら、モロヘイヤの種子と茎にはストロファンチジンやサポニンという有毒成分があるということがわかった。
この2つの有毒成分に共通するのは、赤血球もしくは血そのものに対して異常を起こすこと。


サポニンと聞いて、え?と思った人もいるかもしれない。
だって、サポニンってニンゲンにとっては、健康に良い成分だもんね。

サポニンにもいろいろあって、たとえば大豆サポニンは肝機能障害なんかの有効成分だし
ポピュラーなところでは、脂肪分解作用があることが知られてて、ダイエット食品に入ってたりする。
大豆サポニンには、毒性はないのだそうだ。

でも、それ以外植物のサポニンの毒性とされているアクのような成分は
溶血作用(赤血球が壊れてしまうこと)があって、最悪の場合は死に至ることも有るそうだ。

それから、ストロファンジン。
これも、血中濃度に変化を起こすので、不整脈に繋がることも有る。

(ちなみに、サポニン・ストロファンジン共に、ある一定量であれば人間に対しては内臓疾患の薬になる場合があります)

なので、どんなに面倒であろうとも
モロヘイヤをカメさんにあげるには、茎からぶちっぶちっと外してからあげなきゃいけない。
種子と茎さえなければ、カルシウムや繊維質の含有量もずば抜けて多い、カメさんにとっては最適の野菜。
やっぱり、楽して健康にしてやることは出来ないっていう証拠なのかも(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-18 01:41 | カメさんの健康

おやつはサニーレタス

夏真っ盛り。
今年は野菜が高いけど、それでも冬場に比べたら4分の1の値段。
大食漢の2カメにも、心置きなくごっそりおやつがあげられる^^

食わせすぎはいけないと分ってるけど
やっぱり、しっこの色が濃くなってるのを見ると、体調に対して
水分補給が間に合ってないんじゃないかと思う・・・・・

(ちなみに、ビタミン成分が尿に流出して、赤・もしくはピンク色になってるということではなく、単純に凝縮されて濃い黄色という意味です)




今日は用事で会社を早退したのだけど、その後、市場へ行くことができた。
明日から天気も悪くなるし、まとめ買いでもするか!と覗いてみると
ここ数日の猛暑のおかげで、葉野菜が激安に!

とくにサニーレタス。
そこそこの大きさはあるのだけど、市場でさえ一株350円という値段だったのが
特大サイズ3個で100円になっていた。
すでに、両手いっぱい数kgはあろうかという葉野菜を購入済みの状態だったけれど
これを買わずにいるのはもったいない。

ふつーの家なら、特大3株も買って腐らせるのか?というところだろうが
うちはケヅメさんが2匹もいる。そんな心配は皆無だ(笑)
(飼主♂♀も食べられるし^^)

いやーよく買った。
もう、ほくほく・うはうは なので購入明細を公開w

 ・サニーレタス 特大3株 : 100円
 ・小松菜 4束 : 200円
 ・つるむらさき 2袋 : 150円
 ・モロヘイヤ大袋 4袋 : 400円
 ・トマト 大玉 6個 : 300円

しめて1,150円。
おかげで、両手はふさがりこれ以上何かを持つということは出来ず
ニンゲン用食材はただのひとつも買えなかった(笑)

b0055276_0315499.jpg


でも、帰ってから2カメに
ぱりぱりで瑞々しいサニーレタス・特大一株をあげたら
むはむは言いながら食べてくれた。
いい水分補給になったかな。
買ってきた甲斐があるってものだな^^
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-18 00:44 | カメさんの健康

赤くないよ?

「これ、赤くないよね?」
「うん」
b0055276_2372355.jpg

「むぅ・・・」
ガコンッ!
b0055276_2373022.jpg

なぜか、青いキャリーに甲羅アタック(笑)
お散歩いけると思ったのかな;;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-16 23:13 | Kame-log
前後しますが・・・
一つ前の記事は、土曜のお散歩の後のこと。
14:00までは本当に良い天気。
カメごはん用の野草も底をついていたので、また2カメを遊ばせつつ
野草採取に精を出す(笑)

むんばは、めずらしく動き回って何かを探していた。
なんだろうとついて行ってみると、タンポポの葉っぱを探して食べていた。
b0055276_0145679.jpg

そうだよなー、いつもオオバコ中心に採取しちゃうし・・・
というか、ここの広場はほとんどオオバコに覆い尽くされている。
2カメが葉を食べていると、オオバコの茎が揺れて種が舞っていった。

それでも脇のほうに、こじんまりと並んでタンポポの葉が広がっていた。
やっぱり良い匂いがするのだろうか。
でも、数が少ないから、1株に尽き3枚程度だけ
葉を間引きして、貰って帰る事にする。


そして、太陽はサンサンと照り続けて、また2カメもバテそうだったので
1時間で引き上げた。

嫌がる2カメをなだめつつキャリーにお入りいただき帰宅。
さっそくキャリーのファスナーを開けて
カメ部屋へ出すと・・・
b0055276_0151134.jpg

モグは出るのを拒否(笑)
むんばに至っては、一旦キャリーから出て、すでに公園から帰ってきてしまったんだということに気付いて、くるっとU-ターン。
b0055276_0334133.jpg

どうも、キャリーに入れば、また公園へ戻れるんだと思っているらしい;;

水分補給のトマトを出して、もう帰ってきたんだということを理解してもらった。
連れて行きたいのはヤマヤマだけど、ニンゲンも体力に限界があるのよねー(笑)
ということで、お散歩はまた土曜日に。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-15 00:43 | Kame-log
14:00まではソコソコ晴れてたのに、急に空が真っ黒に。
神奈川もものすごい雷雨に襲われた。

さすがに2カメも、さっきまでなんちゃってウッドデッキで日光浴してたのに
急変した窓の外が気にかかったらしい。
b0055276_165952.jpg

不安そうに休憩してたシェルターから出てくる。

去年の台風が神奈川に直撃したときも
ゆさゆさ家が揺れて、やっぱり不安そう起きて来たので
通り過ぎるまでそばにいた。

で、今日もずっと一緒にいたんだけど
様子の変化が怖かったのか、いや、単にさっきまでしてた日光浴のおかげか
むんばは、あふれるしっこをしてくれる(笑)

雷雨が激しくて、いつ停電するか冷や冷やしながら
お尻洗いにシャワーをざっと浴びさせる。
b0055276_17678.jpg

お尻もすっきりして、シェルターに戻しても
まだまだ、窓の外が気になるらしい。

結局、1時間くらいで雷雨は去っていって
2カメも安心したらしくウトウト始めた。

やっぱりカメさんも雷は怖いか;;
[PR]
by moonba-moogle | 2006-08-13 01:22 | Kame-log