「ほっ」と。キャンペーン

3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新規取得

新たに取得いたしましたむんばさんのワザでございます。
ご覧あれ~~~(;´∀`)/



でも、飼主♂♀的には、自分で帰ってきてくれるんで、ラクラク・・・

じゃなくて、結構ドキドキしながら見てます(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2007-08-27 00:36 | Kame-log

早朝回転レシーブ

たまにはニンゲンの話など^^;

会社へ出かける前は大忙しな毎日を送ってまして。
2カメのごはんと、ふたネコさん別々のごはんと、
局長(闘病中の方のネコさん)の投薬と、朝方したと思しきウンチ掃除・・・
これであっというまに30分が過ぎてしまうんですな。

で、自分の身支度はそこそこに
会社へ出かけるわけですが・・・

昨日は投薬がうまくいかなくて
局長を追い掛け回してたら、いつも出かける時間を5分すぎちゃって。

で、焦って出かけたんですな。
ひーこら言いながら小走りし
もうすぐ駅!ってところで青信号が見えたんですよ。

この青信号で渡らないと、電車が・・・
でも、ほかの通行者はみんな横断歩道を渡りきったところ。
もうすぐ点滅が始まってしまう。
そう思って、ダッシュした瞬間・・・

がくんと右側に体が傾き、強いショックを足に感じながら・・・
目の前の世界が360度回転。

気付いたら世界は正位置に。


やべぇ、あたし今、回転レシーブしちゃったじゃんか;;

しかも7cmヒールで、ロングスカートでさ;;;;;
つーか、外で、信号で。
だせぇーーー!!!!!



が、とりあえず信号は点滅中。
立ち上がって渡りきり、ホームに滑り込んできた電車に乗って
右足の激痛に気付きましたよ;;

乗換駅で、自販の缶ジュースを買い
込み合う電車の中でモゾモゾ右足の小指付近を懸命に冷やしながら
耐えること80分。

会社に着いたら、見事に小指・足の甲が腫れてて
とりあえず常備薬の中にあった「のびのびサロンシップ」をべったり貼って1日を過ごす;;

足指はちゃんと動いてたんで、骨折はないとタカをくくってたら
夕方、悶絶するほどの痛みに耐えかね、地元の接骨院へ。

いつも院長が診てくれるんで
「こけちゃいましたよー(笑)」なんていいつつ
会社で貼ってたサロンシップを剥がしてもらったら・・・

そこにはぷっくりしたサツマイモ・・・のような
赤紫をしたぱんぱんに腫れ上がった小指が;;;;;

もう、なんていうか、痛いのは私なんだけど
まぁ、でも、捻挫の痛みなら我慢もできるわよねーなんて思ってたんだけど
赤紫色に腫れてる小指は、私の小指であって小指じゃないというか
この小指は誰の小指?みたいな、驚きのほうがショックだった(笑)

で、ショックΣ(´д`ノ)ノ
なんて思ったら、急に「耐えられる捻挫の痛み」が
「耐えがたい激痛」に変化してた(笑)

とりあえず捻挫個所のチェックをするんで
足の甲のあちこちを軽く押されながら

「無理ですっ!激痛ですっっ!やばいっすーーー!」

を3回ほど激痛にのけぞりながら返答。

診察を終わって、とりあえずアイスノンで足を冷やしてもらいつつ
捻挫個所の説明を受けるも、
もうとりあえず痛いんで上の空^^;

冷やし終わって、シップを貼ってもらい
今回、捻挫しちゃった部分は後々まで響いてくる場所だから
がっちり固定され、包帯をぐるぐる巻きに・・・

出来上がったのは、もう自分の靴は履けないほどの大きさ。

院長が、
「今日は右足だけサンダル貸すからー」と言って
28cmはあろうかというオヤジサンダルを渡してくれる。

いくらなんでもこれはデカいんじゃ・・・?
と、包帯ぐるぐる巻きの足を突っ込んだら、つかえて入らない(笑)
とりあえず痛い部分は固定されてるんで、そのサンダルにぐいぐい足を突っ込んでやっと履けた。

左足は7cmヒールのサンダル、右足は包帯ぐるぐる巻きにオヤジサンダルという
ありえないステキな格好で、バス停までの道である商店街を
ぴょこたんぴょこたんと歩く。

そしてそのまま靴屋に直行し、今、流行らしいビニールサンダルを
S(23.5-24.0)サイズとL(27.5-28.0)サイズのベージュ2足を購入。

その場でオヤジサンダルを袋に入れてもらい
ついでにSサイズの右足ととLサイズ左足も包んでもらう。
そして、床に残された大きさの違う2足を履きつつ
これならぱっと見は同じ靴に見えるかも♪

なーていう自己満足に浸りつつ、家路についた。

いやー、マイッタネ。
今日もソレで通勤しましたさ。

会社の人たちの「ダイジョウブ?」の心配は嬉しかったんだけど
この歳でコケてでっかい足になったのはハズカシイ。

でも、マネージャーの
「右足(包帯を巻いたでっかいほうの足)、ミッキーマウスみたいだわー♪あはは」
なんか救われました、ハイ^^;;;

みなさんも、朝は余裕をもって行動しましょうね~。
でないと私みたいに・・・

なんて書いてる暇があったら
ブログ書いてないで、早寝して、おまえが余裕もって行動しろ
と、ツッコミが入りそうですが
痛くて寝られないんだなっ;;;


。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
[PR]
by moonba-moogle | 2007-08-10 02:17 | mama_moonba

露天風呂

いつもなら、散歩後の汚れ落しとクールダウンも兼ねて
洗面所でシャワーを浴びてもらうんだけど
せっかくのいい天気だったんで、バルコニーで温浴を(笑)

温水をお風呂から引っ張ってきて・・・

露天風呂でございます。むんばさん、いかがでしょ?
b0055276_13481361.jpg
b0055276_13482620.jpg

普段は風呂嫌いのむんばも、大好きなバルコニーにまだいるせいでご機嫌(笑)

この後、モグも「ちゃぽーーん」と入浴しました(^-^)
[PR]
by moonba-moogle | 2007-08-01 13:54 | Kame-log

10ヶ月ぶり

昼前から天気も良くなって、約10ヶ月ぶりの自然公園へ。
自転車をキコキコ漕いで行ってたのが、
今年からはバスを乗り継ぐこと40分。
引越しして、電車で言えばたった2駅離れただけなんだけど
もう地元と呼べないのが不思議なくらい「いつもの風景」だった。

広場までの道のりをテクテク歩いて目の保養を^^
b0055276_0414143.jpg

1本だけ咲いていたひまわり。今年は咲き始めがやっぱり遅いなぁ。
b0055276_041538.jpg

大きなつぼみの蓮の花。梅雨が明けたら一気に花開くか。
b0055276_0421316.jpg

この赤い花、知ってます?
「水引き」って言うらしい。
これを昔、水引きに使ったのではなくて
この小さな花の表は赤、裏は白い色をしていて
祝儀の水引きに似ていることから「水引き」っていう名前がついたそうな(by かーちゃん)


さてさて、公園の奥にずんずん進んで
待望の広場へ!

・・・ついたら愕然。
草刈の後だったΣ(・ε・;)
b0055276_0422234.jpg

思わず公園管理のおっちゃんを捕まえ、
「いつ草刈だったんですかっ!」と聞くと、「あぁ、2日前だねぇ~」と
汗を拭きつつ返事をくれる。

草刈の対象とされてしまうオオバコを摘みにきたことを伝え
次回はいつ刈っちゃうのか聞いてみた。
その前にこなきゃいけないからだ。

するとおっちゃんは訝しげな顔をしながらこう言った。

「草がいっぱいになったら」

Σ(`∀´ノ)ノ アウッ
その通りよね、おっちゃん。

次回の日にち決めて刈るわけじゃないのよね。
広場がオオバコで覆い尽くされて歩きにくくなったら刈るのよね。
そうなのよね。

なんでも予定通りに進むもんじゃないのよね(^^;;;
自然が相手。
おっちゃんは至極あたりまえのことを言ってくれたんだけど
最初からそう思えない私がアホだったわ(笑)
時間的余裕のない生活してると、こんな普通のことも分らなくなるのか・・・と。
やべぇ、田舎暮らし、いや、ここの公園管理の仕事がしたくなっちゃったよ(笑)
草刈の日なんて、ボーナス支給日くらいの喜びが生まれるんじゃなかろうか♪

ゴミ袋を2つ3つ抱えて帰ったら、2カメ大喜びだよな(^O^)

いつか、前に住んでた町に帰ったら、やろうと思っていることがある。
ここの公園整備なんかのボランティアだ。

ここは昔の風景がそのまま残っていて
田んぼもあれば、綿花を育てて糸を作ったり
炭焼きなんかもしていたりする。
それをしているのは、地元の有志で
以前、むんばとモグに畦道で刈った野草をたくさんくれたりした人たちだった。

去年、やっとそのボランティア募集の用紙をもらって
来年こそは!
なんて意気込んでたんだけど、引越ししてしまったので通えなくなってしまった。
だから、近くに住むことがまた出来たら
2週間に1回でも、朝から泥まみれになって
草刈とか(どう転んでも草刈なんだけど(笑))お手伝いできたらななんて思っている。
太陽の下は暑いけど、木陰で感じる風は気持ちいいよ^^

さて、気を取り直して、2番目に採取希望の葛の葉を
ゴミ袋1袋ほどプチプチ取る。プチプチ蔓まで切ってたら、中は桑の木だった(笑)
なので、ついでに桑の葉も有難く頂戴する。

b0055276_0423298.jpg

余談だけど、葛って怖い植物なんだよね。
繁殖力が強くて、ほかの植物をあっという間に覆ってしまう。
そうすると、覆われた側の木が光をさえぎられ、果ては枯らされてしまうほど。
なので、葛には申し訳ないが桑の木から蔓ごと外して葉を頂き
桑に光が当たるようにしてきた。
それでもしばらくしたら、また覆っちゃうほど生えてるんだろうけど^^;


そして、少し奥まったところに、ちょっとだけ刈られていなかったオオバコがあったので
これもプチプチと、良い葉を選んで採取。
b0055276_0424742.jpg

予定通り、ゴミ袋2袋分の収穫。
b0055276_043050.jpg

でも、やっぱり広場でたくさん太陽を浴びて育ってないから葉も小さめ;;
b0055276_0431363.jpg

でも、ここのオオバコは、その株のほとんどに種があった。
らっきーとばかりに根っこごと頂いて帰ることに♪
b0055276_0432927.jpg

念願のオオバコ栽培開始^^
下の写真の真中に映っている、茶色のプツプツのカタマリが成熟した種。
青いうちに撒いてもだめになってしまうそうだ。
b0055276_044265.jpg

そうそう上手くいくとも思えないけど、この種たちが風に舞ったとき
ほかのプランターにも根付いてくれるといいな♪
ま、気長に待つことにしよう。
b0055276_0441129.jpg

そんなこんなで、オオバコを持ち帰りプランターに移植したら
すでに18時を回っていて、2カメは爆睡してた^^;

明日は早い時間から、摘んできた野草を洗って水分をたくさん含ませたやつを
バルコニーで食べてもらうとしよう^^
[PR]
by moonba-moogle | 2007-08-01 01:43 | カメさんの健康