「ほっ」と。キャンペーン

3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

体重測定20071028

約4ヶ月ぶりの体重測定・・・すっかり忘れておりました(;・∀・)

ということで、ひょいっとカメさんを体重計に乗せ・・・

むんば(4歳1ヶ月) : 9,800g (2007年06月から400gアップ)

モグ(3歳0ヶ月) : 3,200g (2007年06月から200gアップ)

去年に比べて、ずいぶんと健康的な生活を送ったつもりだったんだけど
こんなもんなのかな。
b0055276_052220.jpg

というか、むんばが10kgを超えてなかったのには驚いた^^;
だってあんなに重いのに(笑)
b0055276_053899.jpg

モグは甲長が伸びないのが気になるけれど
焦っても仕方がないので、いっぱいごはんを食べてもらって
カルシウムを摂ってもらって、来月もギリギリまで日光浴に励んでもらうこととしよう。

そろそろ野草も取れなくなるんだけど
なるべく早めに、いつもの公園へ行ってこなきゃ。

ちなみにぱぱむんばは花粉症なもので、野草取りには不参加(笑)
私の相棒は実家の母です。

母には必殺の「ローラー作戦」というものがありまして。

オオバコの密集地の端っこから、それこそ1本も残さず取ってくれるのですね。
私が慌てて、「来年も生えてもらわにゃいけないから、根っこは残してーーー!」と言うも、そこは既にハゲ地となっているのです(笑)

次回は、「種を外してローラー作戦」を予定しております・・・・・
[PR]
by moonba-moogle | 2007-10-29 00:13 | カメさんの健康

お散歩係交代

b0055276_0444113.jpg

今日は雲ひとつない秋晴れ。
お昼ごろには気温もどんどん上がって、ニンゲンは半そでで。

んでは、「ままむんば」さんが、2カメの散歩でもしようかね~と
バルコニーに出る。
b0055276_045451.jpg

1週間ぶりのお散歩。
運動して、うんぴもポロポロ調子よく出る(笑)

2カメを見ながら、プランターの様子でもチェックするかと覗いたら
オオバコの小さなかわいい花が見えた。
b0055276_0452951.jpg


いつもなら、2カメのお散歩はぱぱむんばがすることが多いのだけど
昨日から目の充血・くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・・・と
風邪のような状態に。

いつもの扁桃腺かよと思いつつ、訳を聞いてみたのだけど
プランターを覗いて納得した。

オオバコの花粉アレルギーでございますな。

ついでに今の時期は、ブタクサも繁茂していたりして
花粉症の症状が全開^^;

ぱぱむんばは、スギとかの大きい花粉はぜんぜん平気なんで
世間で花粉症が話題にされる時期はなんでもない。
で、秋の花粉症の時期に出る。

ドラッグストアに行ってみたけど
今の時期の花粉症グッズはあんまりないんで、
まぁ、鼻洗浄と眼薬とでしのぐことになった。

これでしばらく、花粉はどんなものでも大丈夫な
ままむんばが、2カメのお散歩係になることに。

しかし、代わってやれるものでなし
しばらくはマスク装備で頑張るしかなさそうですな。
でも、プランターのお世話は相方の仕事なんで
バルコニーでは重装備必須かも(笑)
いや、笑いごっちゃないんだけど
相方、顔むくみまくりで、丸いです(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2007-10-22 01:02 | Kame-log

固定観念

先日、数年ぶりにいとこと電話で話した。
お互い忙しい身で、なかなか話す機会もなかったんだけど
やっと連絡することができて、近況を報告しあった。

私の近況・・・というと、必ず動物さんたちの話題が入ることになる。
いとこには、私がカメさんと暮らしていることを教えていなかったので
いろいろと話すことにした。

だけど、カメさんと暮らしているといった後に
まず最初に出た言葉は、

「カメ?カメってあのサルモネラ菌持ってるカメ?」

あー、やっぱそれからくるのかぁと思いつつ、
まずそれを否定しなければならないことに
いささか面倒な気持ちを覚えた。
カメさんと暮らして4年、いろいろな人に
そうじゃないんだと説明してきた。

でも、いとこがまた、いつかどこかでカメの話題が出た時に
サルモネラ菌の話題から入られてはかなわないと思い説明(*)した。
いとこは私と年齢も近い。
サルモネラ菌から入るなんて、高齢が多いと思っていただけに
少し残念に思った。でも、どこかで見知った知識は、
それ以上の興味を持たなければ、その時点で止まったままなのだから仕方ないのかもしれないが。

動物がもつ菌でニンゲンの体に害を及ぼすものがあるのは
理解はしているけれど、こと、経口感染(手に付いた菌を洗わずに食事したりして口から菌が入ること)については、ニンゲンの対応でどうとでもなる。

手を洗えば怖くないんだ

そう言っても、感染したニンゲンにとっては
排除すべき対象となるのが切ない。

排除すべきは、ニンゲンに対しての病原菌だけであって
宿主となる動物を排除するのは、横暴だと思う。

動物には言葉がない。
反論も抵抗もできない。
ならば、守るのは育てているニンゲンなのだから
細菌・ウィルス等の危険を語る前に
どうすればそうならないかの予防策にも耳を傾けてほしいと思う。


もう秋なのに、このブログの検索ワードの2位に
「サルモネラ菌」が居座ったままだ。

季節にかかわらず、動物と触れ合ったら手を洗ってほしい。
それだけで、不幸とされる出来事は激減する。

カメ=サルモネラ菌

これが固定観念なのだとしたら、

動物=手の洗浄

と、その固定観念に付け加えてくれませんか?
きっと、動物と過ごす時間がもっと楽しいものにかわるはずです。



(*)サルモネラ菌についてはこちら
[PR]
by moonba-moogle | 2007-10-21 04:37 | Kame-log
b0055276_2352781.jpg

10/11、モグのお迎え記念日=誕生日です。

思い返せば、むんばの時よりも
モグをお迎えするのを悩んだっけ。

だってうちにはもう、むんばがいたから。

当時、むんばは800gくらいだったんだけど
ケヅメはデカくなる、だから1匹でも大変だ・・・と。

でも、モグがショップで受けていた扱いには
正直、涙が出た。
置いて帰ったら、あの子は殺されてしまうっていうのがあった。

一晩考えて、相方に理解を得て
翌日の10/11の夕方、ショップにモグを迎えに行きました。

でも、連れて帰って来て、コマツナを食べていたモグの姿を見たら
不安は全部消えてしまった。
連れて帰って来てよかった。
そうしていなかったら、一生後悔というか
自分を責めてた気がする。

免疫が弱かったんで、1歳までは、あちこち具合を悪くもしたけれど
モグはちゃんとそれを乗り越えてくれた。

やっと3歳、いや、もう3歳。
大きくなったな(^▽^)
成長スピードは、むんばに比べるととってもゆっくりだけど
とにかく健康。
今では、むんばよりも元気。

でも、むんばがデカいんで、いつまでも
小さく見えるんだけど、ちびちびモグもかわいいかな^^

我が家の誕生日はその子の大好きなものでお祝い・・・
ということでモグには・・・
b0055276_235462.jpg

みかんまるごと^^

普段はやんないけど、ちゃんと筋もとって
(私が筋付きでも平気で食べちゃうんで、いつもモグにそのままおすそ分け^^;)
ついでに温水でちょっと温めてからお出しした(笑)

ふがふが言いながら、うれしそうに食べてくれました。

なんでかわかんないけど、お散歩すると
いつもむんばの後を追っていくモグ。
むんばに比べると表情は乏しいけど、モグは何でも自分で解決というか
ガマンしたりして、私に手を掛けさせないようにする子だった。
なんともそれがいじらしくてたまらなかったな。
去年くらいから、ちゃんと主張もしだして
たまに一緒にお昼寝したりすると、私に甲羅をぺたっとくっつけて
寝てくれるようになった。

また新しい1年、元気で健康で楽しく過ごしていこうな。
そうしてくれるのが、一番の楽しみでもあり、喜びでもあるからさ^^
b0055276_2355685.jpg

モグ、誕生日、おめでとう。
[PR]
by moonba-moogle | 2007-10-14 03:03 | Kame-log

趣味の園芸

ままむんばではございません。
ぱぱむんばの趣味の園芸、でございます・・・


前に送って頂いた野草たちと、私が採取しに行ったオオバコも
ほとんど食いつくし・・・(笑)種だけが残る。
プランターという条件にもめげす、芽を出し、小さな若葉が生えてきた^^
今のうちにしっかり根付いて、春が来たらまた盛大に葉を茂らせてもらいたい。
b0055276_128164.jpg

それでも、どうしても枯れてしまったものは、
土をふるいにかけて、根だけ撤去。
b0055276_128157.jpg

そしてまたクローバーやイタリアンライグラスの種まき。
ええ、もちろん、「バラ撒き」で(笑)
ついでに、鶏ふんとかも混ぜて、少しでも土に栄養と空気を混ぜる。
そうして、がんばって芽を出して来てくれるんだけど
若葉ゆえのおいしさからか、ムシに食われてしまうことも多くなった。
b0055276_1282795.jpg

ってことで(笑)
我が家恒例の木酢酢の登場~♪

もともとはDash村で、田んぼの稲に吹き付けてたやつを
真似させてもらったんですが、これ効きます。
農薬じゃないもんね。
これ撒いても、バルコニー散歩中に、プランターから直接葉をとって、むんばとモグに食わせてやれるのがいいです。


・・・と、まぁ、これをぱぱむんばがやってます。
2カメのことだとマメですな。

ちなみにぱぱむんばは、
 「2カメは目に入れても痛くない」と言いますが
私は痛いです、っていうかデカすぎてムリ・・・と、妙に冷静になってしまいます(笑)


b0055276_1283413.jpg

今日も、昼ごろにはいいお天気だったんで
2カメはお散歩。
風が冷たくなっちゃって、30分くらいしかできなかったけど
飼主♂♀不在の平日にお散歩できない不満を一気に発散させてたな(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2007-10-14 01:50 | Kame-log

線路の壁

Excite社会ニュース:<JR長崎線>亀が特急止める 線路ポイントに挟まれ圧死

12日午前10時5分ごろ、長崎県諫早市高来町のJR長崎線で、湯江駅近くにある線路のポイントが切り替わらなくなった。JR九州長崎支社が調べたところ、ポイントに亀(体長25センチ)が挟まったのが原因と分かった。このトラブルで、上下の特急列車3本が46~10分遅れ、約800人に影響した。

 同支社などによると、列車運行を管理しているJR九州博多総合指令所が、湯江駅近くの信号が赤から青にならない異常を感知した。同駅手前を走行中の博多発長崎行きの特急「かもめ」が同駅を通過しようとした際、本来は「青」になっている信号が「赤」だったため緊急停止した。

 運転士が線路内に降りてポイントを調べた結果、線路が分岐するレールとレールの間に挟まった状態の亀を発見した。亀を取り除いて、46分後に運行を再開したが、列車3本が遅れた。亀は間もなく死んだという。

 同支社の広報担当者は「同町付近は田園地帯で考えられない事案ではないが……」と話している。【柳瀬成一郎】





これと同じ話は何回か聞いたことがある。
今回も迷いこんじゃったのかな。(T_T)
痛かっただろうな。かわいそうに。

甲長25cmというと、結構年齢がいっていると思うんだけど
自然の中で生きてたカメさんなんだろうか。
でかくなったからと、捨てカメにされたのではないかと勘ぐってしまう。

踏切を渡る時にレールを見ると、カメさん、特に水棲カメさんには越えられないだろうなとよく思う。
自分の甲高の倍以上の高さがあるんだから。

人間でいえば、158cmの私が、300cmの壁を越えようとするのと同じだと思う。

カメさんの冥福を心から祈ります。
[PR]
by moonba-moogle | 2007-10-13 01:05 | News!

アカウミガメの・・・

b0055276_0345535.jpg


石像(?)です。

母方の田舎が福島県なんですが、アカウミガメの産卵地の
国内北限だそうで。

それを記念(?)して地元ロータリークラブが寄贈したそうです。

しかし、毎回行くたび思うんですが
どう見てもウミガメというよりアルダブラさんのような・・・(笑)

ちなみに、このすぐ先は墓地なんですが
最初に見える墓碑の門になっている石像も、カメさんだったり。
ついでに、カメさんを奉る神社もあります。
(・・・って、小さな頃からその神社には行ってたんですが、どこにカメさんがいるのか未だに謎です。今日は時間がなかったので見てこれませんでしたが・・・)


とりあえず、カメさんだったら何でもかわいいんで
ニコニコしながらしながらこの写真を撮ってた私に
母と叔母がひとこと。

「もうこれ以上は(カメさんを)増やすなよ」


あぁ、大丈夫だよ、かーさん、おばさん。
カメ部屋もせまいからな、「アルダブラさん」はお迎えしないよ。



そう心の中でつぶやきながら、
「うん」と返事をしてきたのでした(笑)
[PR]
by moonba-moogle | 2007-10-07 00:48 | Kame-log