「ほっ」と。キャンペーン

3匹のケヅメリクガメと暮らす【ままむんば】のblog。動物と触れ合ったら手を洗いましょう。最低限の衛生管理をしましょう。それは人間の責任です。


by moonba-moogle
カレンダー
写真はモグがしっこをした後の紙おむつ。
見苦しい画像で申し訳ないが、いつか似たような症状を起こしたケヅメさんのため
血眼で情報を探す飼主さんへ少しでも役に立つことを祈って載せておく。
(っていうか、数年後、2カメが健康で過ごしてくれていることに油断して
急遽、こんなことを引き起こしかねない私のために載せておく;;)
b0055276_0523289.jpg

見た瞬間は、野菜の色素が尿に流れ出た「いつもの色素尿」かと思ったが
おむつのフチを見ると、なんかヘンな気がした。
いつもよりも明らかに色が濃い。
写真だと分りづらいけど、血がついているかと思うほどの赤黒さだった。

色素尿は、排出されて時間が経つと濃くはなるけれど
「いつもよりも濃い」と思った。

もう22:00近かったから、病院へ電話をすることもできない。
モグの様子が明らかにおかしければ、そんなことは言ってられないけれど
目もしっかりしてたし、変わったところはないように見えたから
明日にすることにした。

ただ、おしめ自体は臭いはほとんど無かったのだけれど
モグ自身から、少し強いアンモニア臭がしたので
とりあえず、シャワーで軽く洗い流すことにした。

今日はうんぴはしてなかったけれど
念のためにひっくり返して、総排泄孔をチェックする。
なんとなく膨らんでる気がするのだけど、去年、ガス溜まりで診察を受けて
排泄孔チェックしたときと、あんまり見た目の膨らみは変わらなかったから
これは、大丈夫そうだと思った。

ただ、粘膜が少しピンク色に見える。

モグを寝かせてから、おしめに残ったしっこの潜血反応とPh値を調べた。

まずは潜血反応。
b0055276_052402.jpg

Ph値。
b0055276_0524997.jpg


ヘモグロビンは出てないっぽい(赤血球は壊れていない)けれど
潜血反応としては陽性と出る。++のところと、変色度合いが同じだった。

そして、Ph値は、極度のアルカリ性。

ということは、アンモニアが多く排出されているということだ。
尿酸の多いしっこは、シュウ酸とアンモニアが大部分を占めることになる。

だから、アンモニアが多く出ているということは
尿路結石とそれによって、尿管内が細菌感染を起こしているということになる。

で、話は少し戻るけれど
潜血反応があった。

でもこれは、通常のしっこでも僅かに出ることはよくあることらしい。
潜血反応があったからって、即、血尿と診断できるものでもないそうで
多くは経過観察となることも多い。

モグのは色が濃いだけで、目視で、はっきりと血と確認できるものではなかったけれど
試験紙で引っかかったということは、通常よりも多く赤血球が出ていることになる。


なので。
結石と、それで尿管傷つけて血が出て、細菌感染もしてる・・・という結論になった。

細菌感染については、尿管の炎症のほかに
原虫が原因のものもあるらしい。

モグはチビのころ、鞭毛系の原虫に悩まされた経験がある。
抗菌剤を処方してもらったけど、免疫も弱かったからなかなか効果が上がらなかった。
やっかいなことに、この鞭毛系原虫は(知りたいひとは、こっそりメールください、検索でひっかかりたくないので。で、こっそりいっぱい来ても書ききれないので、育ててらっしゃるカメさんがモグと似たような症状になった・なっているという方だけに限らせていただきますm(__)m理由はそのメールに書きます)尿道炎を起こすことも結構あるそうだ。

結局、食餌療法で免疫アップを図り、そうしているうちに夏が来て
お散歩での日光浴や、野草中心の食餌になったことで、原虫は治まってくれた。

そもそも原虫とは、駆虫というより抑制するしかないものだから
(カメさんの腸内に常在して、消化を助けるものも多いのです)
いなくなったんじゃなくて、活動が沈静化したような状態になってくれたことになる。


こう書きながらいろいろ思い出すと、この冬から運動不足でガス溜まりを起こし
排泄が停滞、そして引越しでの環境の変化・・・と
免疫が低下する要因はいっぱいあった。

いや、昨日は、「毎日がんばってうんぴしてくれてる」なんて書いたけど
便秘で気張りすぎて、ザラザラ尿酸も無理やり出て
排泄孔を傷つけてんじゃないのか?

とりあえず、明日の朝、病院へ電話をして指示を仰ごうと思う。
杞憂で終われば良いけれど、いや、なんかはあるよな。
それが緊急性が高いかどうかの指示をもらうことにしよう。

結果はまた書きます・・・・・
[PR]
by moonba-moogle | 2007-01-17 02:06 | カメさんの健康

検便の結果

ぎりぎりまでモグがうんぴを出すのを待ってたけど
やっぱり出してくれない;;

でも、どーにも2カメの下痢が治らないし、とにかくその原因が何なのかを突き止めたい一心だったので、検便を早くしてもらいたかった。
そこで、最後の手段を実行する。

モグを左手の手のひらに乗せて、右手にサランラップを持ち
肛甲板と総排泄孔をペタペタ・コシコシ・・・

(;´∀`)・・・・・・・

アレです、昔、学校でやったでしょ?
フィルムをペタンとお尻に貼り付けてやったギョウチュウ検査。
あの要領(笑)

たまたま、モグがしっこをした後だったのでシッポが濡れていた。
なのでそこをコシコシ軽くこすったら、
なんとなくラップにうんぴらしきものもポツポツと着いた。

もう背に腹は代えられない^^;

急いでラップにくるまれた2つのうんぴを持って病院へ。

んが。
やっぱりと言うか、顕微鏡で見てもらうために必要な量に足りてなかった^^;
結局、むんばのうんぴだけしか見れなかったけど
ニンゲンの腸内にいる善玉菌に相当する「良いほうの原虫」しか見つからなかった。

問診でも、いつもと変わった様子は2カメともに見られないことを話した。
生牧草を含む繊維質の多い野草類も毎日あげてるから、食餌内容にも問題は無い。

ということで結果は・・・

ただの食いすぎ^^;

もう完全にままむんばのせいですな;;

実は、検便前日に、むんばに大変なことが起こっていた。
会社から帰ってきたら、むんばは温浴した後だった。
様子を聞いてみたら、あまりにむんばがイキミ出したので温浴させたら
まぁ、うがー!と言いながら、大量にうんぴを出したんだそうだ。
そう、便秘になっていた。

ようは、下痢→便秘→下痢を1日交代で繰り返していたのだった。

なので、カメごはんを抑えれば、自然に治るだろうけど
気休めに・・・と、整腸剤を出してもらうことにした。

翌日のカメごはんから、量は控えめに(40%カット)
プラス、すりおろし人参(これも50%カット)に整腸剤を混ぜたものをあげたら
あっさり下痢が止まりました・・・

まだまだ、カメを育てることが未熟なままむんばでございました;;

んで。
今日のむんばの「うんぴ」さん。
b0055276_217811.jpg

わざわざ写真を縦カットにしてみたけれど
これで全長30cmは超えてます。いや、むんばの甲長(36cm)よりも長いな。
まだ繋がったまま、うんぴが出てるということは
やっぱ消化不良までは完治してないかも。
(生牧草は5cmカットにしてあげてます)
でも、2カメとも、とりあえず下痢は治まったので、ゆっくり荒れてる腸を戻してやらなきゃ;;

こんなかわいい2カメに悪いことしちゃったよ;;ごめんな。
b0055276_217211.jpg


ということで、お騒がせしました。
ご心配いただき、本当にありがとうございましたm(._.)m ペコッ

※次回、カテゴリ「カメさんの健康」 : 【むんばの目のこと】へ続く。
(近いうち、書きます・・・)
[PR]
by moonba-moogle | 2006-05-20 02:27 | カメさんの健康

小休止?

夕べまでゆるゆる・・・というより、水様便が出ていたむんば。

水分補給のすりおろしニンジンも中止していたけれど
下痢だと逆に体が水分を要求するはず。

別に脱水症状を起こしているわけではないから
ポカリスウェットを飲ませる必要はないと思うけれど
体内から出て行った分の水分は補ってやりたい。

(本当にひどい脱水症状を起こしたときは、一時凌ぎに飲ませることもあるそうです。
ケヅメは水を飲む行為をあんまりしないので、直接飲ませるのではなく、温浴の温水に
混ぜてのませるそうです。
ただし。それは本当に一時凌ぎですし、飲ませるのが妥当なのかは一飼主では判断できるものではありません。
おしっこの量が極端に少ないなどの脱水症状を疑うことがもしあったら、乳酸リンゲル液を補給するのが適当であり、それは医療行為に当たりますから動物病院の判断で行ってもらいましょう)

なので、今朝、少しだけニンジンをあげる。

むんばはこれを心底待っていたようで、お皿を持っていったら走ってままむんばの所にきた。

そして今夜。
オムツの中をチェックしたら、おしっこだけ。
正確には、総排泄孔に付着していたゆるゆるうんぴが流れた跡があっただけで
水様便は出ていなかった。

去年の今ごろも、似たようなことが2回あった。
1度は食いすぎでお腹を壊して。
2度目はギョウチュウ。

さて、今回はどっちだろう。
体重増加の様子を見る限りでは、ムシが原因ではない気がするけど
顕微鏡を覗いてみたわけじゃ無し、これこそ素人判断というものだ。

明日の夜かあさっての朝に、タイミングよく排泄してくれたら
検便に持って行ける。
ただ、うちは、2カメ一緒のスペースで育ててるから
検便は2カメ同時にやらないと意味がない。
むんばにムシがいたら、当然、モグも感染してる確率が高いし
仮に、むんばだけ検便してムシが出なくても、モグだけ原虫が再発してることもある。

それに、免疫の低下が原因で2カメそれぞれムシが再発していたら
むんばはギョウチュウ駆虫薬、モグは原虫抑制剤と整腸剤がメインになるから
飲ませる薬も違ってくる。

2カメ同時の排泄。
するときは、2カメ同時に、掃除する暇もないほど出しまくるけど
しないときはぜんぜん・・・

さて、どうなるかな。
[PR]
by moonba-moogle | 2006-05-12 01:18 | カメさんの健康